« プレミアム モルツ | トップページ | 桜と雪と »

2006年3月29日 (水)

井関農機の田植え機

こんにちは。 日経平均は、2000年8月30日以来の16900円台に突入しましたね。 年度が変わって、上がるか・下がるかと思っていたのですが、このまま、グングンといってくれることを望むばかりです。

なぜかは分かりませんが、長期投資で持っている井関農機が、午後にグンっと騰げてました、出来高も増えてたし。 もしかすると、すごく良いニュースでもあるのかもしれません・・・ ワクワクです。

井関農機を初めて買ったのは、株価が90円あたりをウロウロしていたころでした。 なんで、そんな額面割れの会社に投資したのかというと、自分なりに3つの理由を見つけたからなんです。 3つの理由は、何かというと、

1、売り上げが下がってるのに、有利子負債を減らしている。

2、中国・インド・ベトナム ・・・ これから発展する国の中には、お米が主食の国が多い。

3、田植え機の技術を持っている会社は、先進国の中でも日本だけ?かもしれない。

と思ったからです。 家計でも、収入が減っているのに、借金を減らそうと思えば、かなりの努力が必要です。 そういう自分も、数年前、給料がカットされるという経験があるんです。 そのころは、車のローンを払っていたのですが、いやぁ、本当に大変でした。 ちょっとした節約では効果がないので、おもいきって、引越ししたのもこの頃でした(固定費削減です)。 古めのアパートに引っ越したときは、生活レベルが落ちた気がして、辛かったなー。 この経験を会社に当てはめると、売り上げが下がっているのに、負債を減らしている井関農機は、従業員も含めて、かなりの努力をしているはずなんですよね。 井関農機の業績はこちらをご覧ください。 有利子負債が着実に減ってきてます、売り上げが上向かないのは、ちょっと問題ありですけどね・・・(笑)

実は、一人旅の好きな管理人は、ベトナムで農家に2日間滞在したことがあるんです。 で、そのとき、あまりにも機械化されてない農業に驚きました。 なんせ、牛に道具をつけて、ゆっくりゆっくり畑を耕したりしてるんですよ。 イメージ的には、沖縄の観光水牛みたいな光景がそこかしこで繰り広げられてるんです。 これは、効率が悪い、悪すぎる。 いずれ機械化の波が来るだろう・・・ 農機具メーカーはチェックチェックと思ってました。

実家が兼業農家だったこともあって、小さいころから田植え機は、よく見かけるものでした。 この田植え機、すごい技術がありますよ。 稲を数本ずつ取って、ドロドロの田んぼの中に植えつけるんですから、しかも、ものすごく高速で。 まるで、人間がやってるみたいなんです。 アナログな動きなんだけど、この数本取る、そしてドロドロの田んぼに植えるって技術は、かなーり難しいのではないのかと・・・・ 実際、自分でやっても上手くできないことも多いんですよね。 この技術、欧米諸国のメーカーは持ってないだろうし、武器になるはず、と今も思ってます。

全体相場も上げ相場だったこともあるとは思いますが、自分なりの考えで買った銘柄が、順調に株価を上げてくれるのはうれしいものですねー。 もっとも、投資を始めたばかりで投資額が少ないのが残念な点(涙)ではありますが、株価上昇率で見れば、なかなかなものだと思います。 株の世界って、お金を増やしたいと思う気持ちも、もちろんありますが、この読みが当ったときの快感みたいなものも、ひとつの魅力なのかなーって思ってます。 まさに、けものみち、一度はまったら抜け出せないですよー (笑)

昔、井関農機のCMに桜田淳子が出ていたことを知って、今こそ思い切ってCMを作って、上戸彩を出してみたらどうやろう・・・ と妄想にふけっていた三十路サラリーマンなのでした。

   

|

« プレミアム モルツ | トップページ | 桜と雪と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71015/1215178

この記事へのトラックバック一覧です: 井関農機の田植え機:

« プレミアム モルツ | トップページ | 桜と雪と »