« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

下がる相場を体験中

本日も下げております、ちゃくちゃくと。

朝から携帯も見られないほど忙しくて、やっと家に帰って株価チェックで大幅下落。

キツイですねー。 疲れがドット出ます。

で、よくよく考えれば、株を始めてから初めて経験してるんですよね、ジリジリ続く下げ相場を!

何故、下がっているのか、自分なりに考える良いチャンスかも、かなりポジティブな発想ですが・・・。

ということで、自分なりに分析しています。

大きなお金の流れが、株式投資からもっと安全なほうへと移っていっているんだと思ってます。

その理由は、アメリカの双子の赤字によるドル暴落の危険性か、以前あったアジア通貨危機と同じようなことをヘッジファンドがインドあたりでやり始めたんじゃないかと・・・

じゃ、長期投資を目的にしている自分はどうすんだ?というと、こうなったらとことん授業料を払って勉強させていただきます。

もうすでに、乗り遅れちゃってるのなら、今、安くなっているとおもってるネット関連株を買って、やろうじゃないかと・・・

ネット関連株の将来を信じて、次の波が来るのを信じて・・・ 含み益がなくなったところで、0に戻るだけじゃないですか!

でも、勉強したものは次に活かせるはず、いや、活かさなければ。

 

などときれいごとを並べてますが、かなり憂鬱です。

でも、日経にアメリカでのネット広告費が38%増を見て、まだ希望の光は消えてないかなと思ってます。

 

仕事のあとのビールなのに、落ち込んでいたせいなのか、今日はのど越しよりも、苦味を感じてしまった 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

NY株 下落

仕事で早起きしてます。

ネットでニュースを見ると、ロンドン・ニューヨークともに株は下落してます。

ということは、東京も・・・・  なんてことは、素人には分かりませんが。

いずれにしても、微妙ですよね、心理的にも。

 

個人的に期待していることは、これを期に信用買い残が減ってくれへんかなってこと。

自分の持ち株の中でも、将来性を期待しててもうちょっと欲しいと思っている銘柄の信用買い残が多いこと多いこと。

将来性を期待しているなら、今、買ってほったらかしにすればええやん、と思うかもしれないけど、資金が少ないのでなるべく安く仕込みたい。

これ心情です。

ネット広告関連では、信用倍率が急激に回復しているものもあるんで、そこも気になります。

にしても、自分が不勉強なんだけど、無期限信用取引ってどういう仕組みなんやろ?

最近な下げの要因の一つは、期限が来たからかと思ってるんやけど、無期限取引ならなー。

必ずそこにはお金も流れがあるはずなので、証券会社が儲からないはずはないんだけど。

早くそのあたりを勉強しないと。

さぁ、今日も働きますか!

働いて働いて・・・・稼いだ僅かな金額を投資して・・・・そして、株価が下がって含み損。

まさに、負のスパイラル。 自分のキャッシュフロー計算書はつけたくないなー。

 

今日もダブルクリックはストップ安か?何か発表でもあるか?と思ってる 三十路サラリーマン は、今日は一日外回り。

 

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年5月30日 (火)

ダブルクリックがダブルストップ安

ダブルクリック が ダブルストップ安!!

なかなか うまいこと言うね・・・  って、おいおい(怒)

いやぁー、ついに含み損です。

2日続けてストップ安とは・・・

ライブドアショックのころを思い出します。

でも、何故連続してストップ安なんやろ?

やっと黒字になったのに・・・ 業績が伸びないということなんやろか・・・

ネット広告の未来は未知数だけど、暗いわけじゃないと思うけどな。

うーん、分からん。

サイバー・コミュニケーションズのときと同じで、社長が無茶やったとか?

今回の黒字、粉飾だったとか?

素人には分からない世界の話があるとか?

なんでしょうか・・・。

ネットの将来性に期待し、DARTで黒字が増えていくと思って、この会社に投資したんだから、買い増すつもりで推移を見守って行こうと思います。

うーん、気になるなー。

 

富士機械製造をちょっと売って、ダブルクリックに投資しようと思っている三十路サラリーマンは、ダブルクリックに何が起こっているのか、さっぱり理解できないのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

ポートフォリオを考える

ネット広告株は落ちてゆく。 落ちてゆく。 落ちてゆく~。

どこまで行くんでしょうか? 

ネット広告には未来があると信じているんですけど・・・。

間違ったんかなー。 いや、そんなはずはない。 

そんなはずは な ぃ ・ ・ ・  はず。

 

一方で、富士機械製造をはじめ、他の持ち株たちは健闘してます。

富士機械製造・井関農機・東レともにいい感じです。

ネット広告の穴をキチンと埋めてくれてます。

ある意味、ポートフォリオがうまくいってるともとれるし、下手な投資だとも思います。

波に全く乗れてないわけですもんね。

 

でも、まー、自分の性格からして、次から次へと波を乗りこなすことはできないと思います。

なので、ポートフォリオを維持することに集中していこうと・・・

ということで、この逆風の中、ネット広告関連を買う予定です。

失敗したら? それは、自分の未来を見る眼がなかったことを後悔するだけです。

と、かっこいいことを言ってますが、サイバー・コミュニケーションズを高値で売り抜けれなかったことがあまりにも悔しかったからなんですけどね。

『 サイバー・コミュニケーションズを忘れるな 』 

今年度の合言葉です。

 

梅田望夫著 『 ウェブ進化論 』 を読んで、おもいきり影響を受けているので、次は、ネットは虚業だ っぽい本を読んでみようと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

なんと、初アフェリエイトってやつを貼ってみました。 なんか、うれしい。 とりあえず、この本はお勧めですよ。 

ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる Book ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

著者:梅田 望夫
販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月28日 (日)

阪神と阪急

今日のがっちりマンデー!は、

『 儲かる 鉄道ビジネス 徹底検証 』

東京の私鉄中心だったんだけど、各社の特徴や今後の計画なんかもわかって、なかなか充実した内容。 

鉄道オタクのマネージャーの力説なんかおもろかったし・・・。

でも、鉄道といえば、一番気になってるのは、村上ファンドの阪神問題。

阪神間(大阪と神戸の間)に住んどった人間にとっては、大問題。

特に、大の阪神ファンとしては、もう気になってしょうがない。

と、ここで、軽く阪神間の鉄道事情を説明すると、

大阪と神戸の山の手を走るのが、阪急。 

夙川・芦屋・岡本 と、セレブな地域を通ります。(他に苦楽園や甲陽園なんてハイソな名前の駅も)

で、真ん中をあの大惨事を起こしたJR。

そして、海側を阪神が突っ走ります。

尼崎・甲子園、そして、忘れちゃいけない尼崎センタープール前。

最後尾の車両がホームを離れる前に、先頭車両は次の駅に着くんちゃうか?と言われるぐらい駅間が短いのに、電車の加速は異常に早くて気持ち良い。

阪神の応援に、競艇にと庶民を乗せて突っ走ります。

 

高級志向の阪急・庶民派の阪神。

今、村上ファンドのせいで、この2つの会社が一つになるかもしれん。

村上ファンドよりは、阪急のほうがまだええけど、微妙・・・  あくまで、村上ファンドよりかは阪急のほうが親近感があるってだけ。

やっぱり、阪神は阪神がええもん。

いずれは、阪急タイガースや、マルーン色の電車なんかになるかもしれん。

それだけは、勘弁してくれ。ほんまに。頼む。

時価で阪急が買い取るって案も出てるみたいやけど、そうなったら阪急がぼろ儲けするだけやろ。

個人的には、阪神は徹底的に戦って欲しい。

村上ファンドが取締役の過半数とった場合には、従業員はスト・タイガースもスト。

少々不便でも、みんな応援してくれると思う。

そして、どうしようもなくなって時価ぐらいで阪神が株を買い取る。

なんて、途方も無いことかもしれんけど、そうなって欲しいと思うぐらい、今回の事件は、自分にとって大きい事件。 

どちらにしても、早く決着して欲しい。

にしても、村上ってのは、ほんまに関西人なんやろか? 金が全てなんやろか?

 

熱く書き綴っておりますが、阪神でも阪急でもなくJRを利用していた三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

米ネット、3強軸に集約・ヤフー、グーグル、マイクロソフト

今日の日経に

『 米ネット、3強軸に集約・ヤフー、グーグル、マイクロソフト 』

なんて記事が。

グーグルは、検索エンジンで有名だけど、その収益のほとんどは広告収入。

このブログの下のほうにものってる --- Ads by Google --- ってやつ。

このブログなら株に関するもんなんで、証券会社とかの投資関係の会社の広告が載る。

旅行や出張のブログなら、旅行会社やホテルなんかの広告が載ることになる。

関係のある広告が載ってるってことで、見てる人がクリックする確率が高くなる。

ということは、従来の方法よりも、効率的に会社や商品をPRできるってことになるってわけだ。

広告を出すほうとしては、効率的な広告ができるグーグルに広告を依頼することになって、グーグルは儲かる。

ネットが普及したら、こういうビジネスモデルが成り立つって発想したグーグルの創業者の頭の良さには、いやぁー、まいった、尊敬しちゃいますよね。

じゃ、我が持ち株『サイバーコミュニケーションズ』はっていうと、こちらは、ネットで人気のあるページの広告欄をおさえて、その広告欄の枠自体で商売して儲けるビジネスモデル。

視聴率の高いテレビ番組の広告料が高いのと同じ。

しかも、今のところはネット人口が増えてるので、業績は伸びてる状態・・・今のところは。

まっ、どちらにしても、全広告費はある程度一定なはずだから、これからネットが伸びるとなると、どっかは減るわけで・・・

ネットが普及してから確実に生活も変わってきていることを実感してるんで、自分はネット広告の可能性に投資しているわけだけど、さぁ、どうなりますか。

これからの動向が楽しみです。 もちろん、株式投資は自己責任で。

 

このブログを見てくれる人の50%以上は、グーグルで見つけてくれてるので、日本でもグーグルのシェアが増えていくんだろうなぁ と思っている三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2006年5月26日 (金)

キヤノンのフィルムカメラ

キヤノンがフィルムカメラの開発を凍結。

利益を求める企業としては、仕方のない選択かもしれませんが、かなり残念。

フィルムカメラメーカーが地球上には存在しなくなる日が来るかもしれない。

 

でも、このフィルムカメラからスタートした企業は、今では他の分野で非常に良い製品をたくさん持ってます。

カメラの機械・光学系から、コピー機や半導体用ステッパーへ。

レンズ光学系や生産技術から携帯やDVDとかのレンズへ。

フィルムの化学系や生産技術から、TACフィルムなどの機能フィルムへ。

などなど、世界で競争力のある製品ばかり。

もちろん、キヤノン・富士フィルム・リコー・・・どこも利益は安定してて、株価は高い。

フィルムカメラはなくなっても、技術という血は受け継がれてゆくんでしょうね。

 

余談ですが、もうひとつ、受け継がれているものがあります。

それは・・・・

  『 カシャ 』 っていう音。

携帯だろうがデジカメだろうが、カシャっていう音が入ってます。

どこにも、そんな機械的な音をださせる部分はないのに・・・。

世界中の人にとって、カメラの音ってのは、カシャ なのかもしれませんね。

音を聞いただけで、条件反射的に何をしたかがわかるなんて、これは立派な文化でしょう。

 

デジカメになって現像に出すことが減ってしまい、アルバムの更新がとまっている三十路サラリーマンなのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

クラレ PVAフィルムを値上げ

液晶テレビメーカーと言えば、シャープ!アクオス!亀山!

欲しいなー・・・ 液晶テレビ。 

もうちょっと値下がりすれば、もうちょっと値下がりすればと思いながら、もう2・3年。

いつまで値下がりするんでしょうね。

と、思っていたら昨日の新聞に 『クラレ PVAフィルムを値上げ』 なんて記事が。

液晶の部品メーカーは、日本企業が強いことは有名だけど、その中でも特にPVAフィルムは、クラレがシェア85%、 残り15%が日本合成化学 なんです。

クラレが売らないと言えば、液晶テレビは作れないといっても過言じゃないってことかぁ。

やっぱり高シェア・ニッチは強いですよねー。

これだけ値下がりしているのに、値上げを許容しないといけないんですから。

他にはTACフィルムの富士フィルムやコニカミノルタ。

これらを貼り付けた偏向フィルムの日東電工なんかも、得意分野がはっきりしてて高シェアですよね。

その他、ガラスやらなんやら、シェアの大きな日本企業が目白押しです。

いいぞ、日本メーカー。 がんばれ、日本企業。

株価は?っていうと、もちろん、こんなメーカーの株価は高いです。

 

気になるのは、部品メーカーが値上げをしてくる以上、液晶テレビが値下がりを続けるかどうかってこと。

値下がりを続ければ、完成品メーカーの儲けは吹っ飛びますもんね。

さぁ、どうなることやら。 

とりあえず、ニッチ企業を探すぞ。 そして、液晶テレビを買うぞ。

 

自分が大学生なら、有名企業じゃなくてニッチ企業に行くのに・・・ と、新卒就職したい企業ランキングを見て、ニヤニヤしてしまう三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月24日 (水)

サイバー・コミュニケーションズの出来高

気になる・・・

最近のサイバー・コミュニケーションズの出来高。

ここのところ、かなり多いですよね。

買い残り・売り残り、どちらとも増えてきてるし。

19日の信用倍率は2.05倍。

このところの株価の下落で、取引しやすくなってきたのもあると思うけど・・・。

前回一相場あったときも、結構似たような動きだったんだよなー。

売りも買いも増えて増えて・・・ 

あの頃とは相場の雰囲気も違うし、うーん、難しい。

いずれにしても、サイバー・コミュニケーションズには期待してます。

  社長がおかしな株取引したって・・・  

    株価が冴えなくたって・・・

  四季報の予想より会社予想が低くたって・・・

応援してるよ。サイバー・コミュニケーションズ。

 ☆株は自己責任でお願いします。

 

ウェブ進化論を読んでいる 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月23日 (火)

トッキが次世代型・薄膜太陽電池量産装置開発

日経産業新聞を見ていたら、

『トッキ 次世代型・薄膜太陽電池量産装置開発』

と出てるじゃないですか。

おっ、太陽電池、いいね、エコだね。

久しぶりに、急騰するかと思っていたのですが、反応なし。

なんとなくその反応わかる・・・ 自分も飛びつかなかったし。

というのも、そもそも有機ELだって離陸できてないのに、太陽電池だなんて、期待だけではちょっと・・・・今のところは無理っす。

まずは、有機ELから、お願い。離陸してくれ。

有機ELも日本では三洋の撤退や東北パイオニアの縮小など、くら~い話題ばかり。

でも、フィンランドのノキアがメインディスプレイに採用を決めたんで、イッキに液晶独占を切り崩すんじゃないかと・・・・ これは、ほんまに

 期待大

問題は、製造方法ですよね。 

トッキの真空蒸着方式が採用されてれば・・・の話。

材料開発では、真空蒸着を使うはずの低分子のほうが進んでると思うのですが・・・

日本メーカーも早くメインディスプレイに使ってくれないかな。

ワンセグ始まって、機能は増える一方の携帯なんだから、なるべく薄くて消費電力が少ないものが人気になると思うんだけどなー。

 

『蒸着の弱点は、蒸発させたものがいろいろな場所に着くから、無駄が多い。 蒸発したオヤジがいろいろなところで悪さするのと同じ。』 と言って教えてくれた先生は、かなりブラックユーモアたっぷりやったなぁ と、いまさら思い出した三十路サラリーマンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月22日 (月)

何故だ? 日本電産サンキョー 

昼休みの携帯チェックでは、持ち株は好調だったのに・・・

おいおい、どないしたん?

昼からズルズルと落ちていったみたいですね・・・  自分が再び携帯をチェックしたときには、とんでもないことになっておりました。

持ち株・・・全部下落。 はぁ・・・

と思っていたら、唯一持っている ミニ株 『日本電産サンキョー』が騰がっているではあ~りませんか。 ミニ株なので、持ち株リストにはいれてません。

この株、不思議ですよ。

1年前弱には、1100円あたりをウロウロ。

その後、出来高を伴って騰がる騰がるで、2400円ぐらいまで。

で、急落して、1400円。 そして、またまた騰がり始めました。

何が不思議かと言いますと、前回の上げ相場で一番出来高が多かったあたりが1400円ぐらいなんですよね。

今回もきっちり1400円ぐらいで出来高を伴って上昇開始。

信用倍率もあっというまに、7倍から2倍代に!!

売りの人はきついだろうなー。 

どっちにしろ、この動き、 非常に気になります。 乗っかろうかなー。

☆株は自己責任でお願いします。

 

大転換点・・・ かな?  三十路サラリーマンの呟きでした。

| | トラックバック (0)

郵便局とソニー銀行

郵便局 と ソニー銀行。

この2つが自分が使っている金融機関です。

郵便局のほうは、家から徒歩で2・3分のところにあるんで、ほんまに便利。

土・日も手数料いらないし、夜も遅くまで(多分12時)ATMもやってます。

郵便にいたっては、24時間受付中。

 

ソニー銀行のほうは、ネットでできるから気に入ってます。

大きな金額の振込みとかは、こっちを使ってます。

利息もちょっとだけ高いし(笑)。

なんと、自分はソニー銀行でインド株式投資信託を毎月3万円ずつ積み立ててるんです。

3万円ってたら、自分の収入からすればかなりの額・・・ってか、精一杯。

汗水かいて稼いだ大切な3万円を、何を好んで、信託報酬 □□% 販売手数料 △△% もとられるのに、投資信託を買ってるの? と思われるかもしれませんが・・・

答えは、

 

インドの企業のことはよく知らんけど、インドが大好きだから。

 

なんです。もちろん、インドに期待してて、お金も増えるはずと思ってるんですけどね。

日本の企業なら決算書も読めるけど、さすがにインド企業となるとお手上げ。

ということで投資信託に落ち着いたわけです。

 

この手数料やらなんやらで、ソニー銀行は黒字に・・・。

夢と希望のインド投資信託の手数料やらなんやらでソニー銀行は黒字に・・・。

貢献してるなー、ソニー金融部門に。

インド投信、急落してたけど・・・・ (汗)。

 

以前、旅行でインドを見てきた 三十路サラリーマン の感想は、一言で言えば混沌。でも、エネルギーもすごかった。 世界最大の民主主義国であるけど、カースト制度の影響も残る国。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月21日 (日)

どうする?どうなる?井関農機

井関農機の決算書を読んでみた。

個人的な感想は、

好感が持てる点は、

 ○ 売り上げが増加傾向(特に海外)

 ○ 有利子負債の圧縮

気に入らない点は、

 ○ 会社予想の売り上げ未達

ってとこかな。 じゃ、持ち株をどうするってところなんですが・・・ 微妙なんですよねー。

所感としては・・・

PERやPBRで見ると、そんなに割高でも割安でもない気がするし。

海外依存度も高くないので、円高になっても他の輸出中心銘柄ほど影響を受けることはないだろう、でも、売り上げが伸びてるのは海外というジレンマ。

有利子負債は結構あるんで、金利の影響は受ける可能性ありか・・。

売り上げが伸びるってことは会社も四季報も予想してるわけなんで、爆発的な伸びはないにしろ、日本は横ばいでも世界では農業機器に対する需要は伸びているんだと。

バイオマスエネルギーで農業は注目される可能性は高い。

・・・・

とりあえず、株価はモミモミするんじゃないか? (もちろん、株は自己責任でお願いします。)

もしボックス相場になったら、ボックス相場での取引の勉強をします。

 

テンション上がりまくりでドライブに出かけて10分後、急な天気の変化で洗濯物を取り込みに家にとんぼ返りしてソファに座ったとたんに、テンションが思いっきり下がってしまった 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

農家の教え

じいちゃんは専業農家・父ちゃんは兼業農家だった我が家。

そのせいもあって、小さいときから田んぼや畑で遊んだり手伝いさせられたり。

当時は嫌だったことも、今となっては良い経験になったなと思う。

じいちゃんはいろいろ教えてくれた。

「 米だけ作ってたらいかん。 天気がわるーて、米が取れんかもしれんけんな。 」

「 ニンジンと芋は、種蒔きの時期が違うんぞ、間違えたら、なんぼがんばって育てても、育たんわい。 」

「 ほかの人が出すときより早く新米を農協に出したら、高う買うてもらえるんじゃ。」

「 熟れすぎる前に採らんと、すぐに腐ってしまう。」

などなど。

 

仕事も株も農業も一緒。

じいちゃん、ありがとうね。

 

一年を通じて稲作をしていた農家の次男坊のせいかのか短期売買は全く苦手な 三十路サラリーマン。 三十路サラリーマンの家で使っていた農機具は井関農機製でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月19日 (金)

富士機械製造 ストップ高

富士機械製造がストップ高になりました。

どの水準まで騰がるのか、注意しておかないと。

業績・財務ともに良好なので、結構期待してます。

過去2年間を振り返ると

 1000円前後でモミモミ

   1300円前後でモミモミ

     2300円前後でモミモミ

してきたので、今回はどの水準になるんやろうか。

個人的には、勝手な想像はしてるんですが、それを書くのはちょっと控えときます。

とりあえず、どの水準になろうとも、安定したところで今回はちょっと売ろうと思ってます。

今年のテーマは、『サイバー・コミュニケーションズを忘れるな』なのですから・・・。

いつまでも騰がり続ける株はない。

 

売買回数が年に10回ほどしかない三十路サラリーマン。なのに、毎日の株価で一喜一憂するあたりが、小者の証拠なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月18日 (木)

決算集中日

ダブルクリック・富士機械製造・井関農機の決算日。

まだ、決算書は読みきれてないけど・・・ 

(激務のため、真夜中に帰宅)

 ダブルクリック、初の黒字!! 

 富士機械製造、利益の伸びがすごい!!

 井関農機、増収増益、でも、ちょっと期待はずれ。

って感じ。

ちょっとマネーゲーム化してるダブルクリックですが、初の黒字決算だし、累積損失を一括処理してるのがいい。

四季報とか見ても、マイナスイメージだったし。

富士機械製造は、急激に利益を伸ばしたみたい。

やるなー、知立の富士機械製造。

チャート的なことを言うと、窓が開いているので、とりあえず、それを埋めるかも?

どうだろ? 第2弾ロケット発射といくか、気になるところだ。

井関農機は、予想よりも売り上げが伸びなかったのが痛い。

ただ、個人的に気に入ってるのは、有利子負債の返済が予定よりも進んでること。

これは、特に重要。

金利が上がっていく時代に向けて、いい感じ。

でも、まだまだ多いよなー。

とりあえず、早く決算書を読まないと・・・・  なのに、仕事が忙しい。 はぁ、困ったもんだ。

 

トッキを買い増した三十路サラリーマン、 インプレスとニッシンにも気持ちが揺れております。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月17日 (水)

インプレスの下げが止まらない

今日は、久しぶりの反発。

我が持ち株も、そこそこ反発しておりますが・・・・

ニッシンとインプレスの下げばかりは止まりません。

はぁ~。

ニッシンは、ながーいお付き合いなので、含み益もそこそこあるし、  買い増ししたい症候群にかられるのですが・・・

インプレスは、なんと買値よりも25%以上も下がってしまいました。

いやぁ、参りました。

行使特約条件付買取契約のことは知っていたのですけどね・・・

MSCBとは違うと思ったのが、間違いだったのかもしれないです・・・反省、反省、大反省。

今回の反省点は・・・次のように考えたことです。

インプレスが許可を与えないければ、ゴールドマンサックスは権利を行使できないのだから、インプレスも株主にとって不利になるような状況(株価が下がった状態)では、許可は与えないだろう。M&Aのための資金なのだから、M&Aがうまくいけば、ゴールドマンサックスも利益を得られるはずなので、無理に株価をさげないだろう・・・。

はい・・・ あまい考えですよね。

ゴールドマンサックスにとっては、株価が安くなるほど儲かりますもんね・・・ ゴールドマンサックスが下げたかどうかは分からないしね。

とにかく、失敗・失敗・大失敗。

と反省したところで、今後を考えないと・・・ とりあえず、今から会社説明会を見てみます。

31868円、これが下限行使価額。 ここまで行くことはないだろうけど、買い増すか、授業料としてロスカットするかは、とりあえずは、説明会を見てからかな。

にしても、もうちょっと株主を大切にして欲しいと思うのは、自分だけ・・・ でしょうか・・・・。

ちょっとだけ見た感想・・・ 従業員増えてるなー。そりゃ、経常利益減るわな。 と思いながら説明会を見ている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月16日 (火)

大転換点?

最近、考えてることがある。

景気が大転換点を迎えたんじゃないだろうか、ってこと。

アメリカの双子の赤字のことを思うと、どう考えてもドル安政策をしてくるはず。

しかも、日本も量的緩和が終了したのだから、なおさら、円高ドル安に向かうはず。

アメリカの最大の貿易赤字国は、中国なんだけど、中国って国は曲者だからそう簡単には為替をどうにかしてくれたりはしないだろうし、アメリカ国債もたくさん持ってるんで、いざとなったら売るなんて暴挙にでるかもしれない。

もしそうなったら、ドルは急落・・・ 世界は大混乱に。

もちろん、株も大暴落。

なんて、悲観的な考え方になってるのも、最近の下げ相場の影響ですよね。

ただ、もしかしたらもしかする、かもしれないので、心積りだけはしておこうと思ってます。

大転換点かもしれない・・・・ これは、デイトレードではない自分にとっては、とても大きいことなんですよね。

よーく考えよー、お金は大事だよ。 

 

インプレスが新株予約権の行使を、この値下がりしたときに許可するとしたら、とんでもない株の希薄化を招くことになることに対する不安以上に、もし、そんなことを許可するのなら、株主のことは何も考えてないことに対して憤るだとうと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月15日 (月)

がんばれ、富士機械製造

この日経平均が下げている中、富士機械製造は、好調です。

他の銘柄がさっぱりなだけに、持ち株の中では際立ちます。

今回は、どのあたりまで株価が騰がるのか、気になってます。

前回は、急騰したあとも2200円あたりをうろうろしていたのですが、今回はどのへんまで行くのでしょうか。

今回のほうが前回より出来高が少ないところを見ると、自分のように、まだまだこの株に期待している人が多いんじゃないかなと思ってしまいます。

しばらくは、上がったり下がったりするんだろうけど、安心してみていられる銘柄です。

それに対して・・・・

サイバー・コミュニケーションズ、厳しいですね。

売り上げの予想は、順調に伸びているので、基本的にはまだまだ成長産業だと思います。

経常利益予想が四季報より悪かったのが響いているのかなー。

成長するときには、新入社員や中途社員をドンドン雇うし、経費だって増えるし、仕方ないような気がするんですけどね。

売り上げの成長が止まりだしたら、リストラすればいいんじゃないかと・・・  甘い考えでしょうか。

いずれにせよ、このまま下がるのか、授業料のつもりで見続けていくつもりです。

 

献血に行ったとき、看護婦さんから血液が濃いと言われた三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月14日 (日)

株式投信の残高 バブル期上回る

今日の日経に 

  『株式投信の残高がバブル期を上回る』

って載ってました。

バブルを知らない世代としては、 「だから、なに?」 ってな感じです。

“バブル期を上回ったから注意しろ”なのか、“バブル期のように、まだまだ株価は騰がる”なのか、その解釈は各人にお任せしますなんでしょうね。

そもそもバブルを知らないんだから、比較対照にされても困るんですが・・・。

ただ、バブル期入社の先輩とかの話を聞くと、バブルのときは、かなりすごかったみたいです。

「クリスマスには高級ホテルに一泊」 「朝まで飲んでタクシーで帰る」 ぐらいは、みんな当然のようにやってたらしい。

かなーり、羨ましい。 羨ましすぎます。

一番就職率の悪かったときに運良く入社した身からすると、想像できません。

 

でも・・・・  先輩曰く

『 バブル期の地価が高い時代に家を買って、売るに売れずローンに苦しみ、会社じゃ同期が多いんで出世もできにくいし、リストラの危険もあるんだよね・・・・・ 子供も大きくなってるし・・・・ 』

 

うーん、重い言葉です。 

残業も多く、すぐに成果を求められる時代に社会人になったことは幸せなのか、複雑な気持ちです。

  

バブル青田 ジーザス : たしかにTRFを感じさせる音だ・・・ (三十路サラリーマン評) Aota  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

ダブルクリックが・・・

ダブルクリックの値動きが活発になってきました。

Yahooの掲示板への投稿順位も10位以内になってます。

やっと黒字になるし、四季報の予想を上回るし、いい感じです。

こうなってくると、どこまで行くか、いつ売るかが問題になってきます。

浮動株が少ないんで、急騰するかもしれないし・・・ そうなったら、アタフタしてしまいそうです。

人の意見に影響されず自分で判断しようと思いつつも、ついつい見ちゃうのがYahoo掲示板。

投稿が多くなるのは、人気が出た証拠で嬉しい反面、惑わされること惑わされること・・・。

『サイバー・コミュニケーションズでの失敗 を 忘れるな』 これを教訓にがんばらないと。

ところで、我が持ち株 インプレス は落ちてゆく落ちてゆく。

この会社、結構いい株もってるんですよね。 

このダブルクリックも持ってるんです。 ファンコミュニケーションズも持ってたし。

本業で稼ぐより、投資で稼ぐほうが得意なんじゃないかと思ってしまいます。

投資で儲けたお金を、本業のほうにつぎ込んで、稼げる体質になってほしいもんです。

ネット時代のマニアック部門での確固たる地位を築き上げて欲しいなー。

含み損抱えてるけど、応援しまっせ。 インプレスさん。 期待にこたえてね。 お願い。 ※株は自己責任ですよ。 

 

インプレスは、思い切って村上ファンドのようにIT銘柄専門ファンドになってほうが、実は稼げるんじゃないかと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2006年5月11日 (木)

知立の富士機械製造 

やってくれましたー。 

 富士機械製造、

 値上がり率ランキング 

 第6位を達成!!

溜まり溜まったエネルギーを爆発させてくれた感じがします。

今回の上方修正で、ますますPERが割安になってるんで、当然と言えば当然です。

業績も財務も良いし、あとは、どこまで株価が騰がってくれるかかなー。

欲張らない・サイバー・コミュニケーションズのときの過ちは繰り返さない・・・

これが今の目標です。

我慢し続けた甲斐がありました、本当にうれしいですね(笑)。

といっても、他の銘柄が軟調なので、実際はトントンなんですけどね・・・・

ちょっと複雑な心境です。

 

ちなみに、富士機械製造の本社は、『知立』にあるんですが、何と読むかわかりますか?

答えは、・・・

 

『ちりゅう』

です。 読めますか? 難しいですよね。

知立の富士機械製造、どこまでいくのか、期待です。

 

サイバー・コミュニケーションズをどうするかで悩み続けている 三十路サラリーマン は、相変わらず決断力がない自分を情けなく思っているのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月10日 (水)

最高経営責任者 辞任 

う~ん、いただけません。

何かと言いますと・・・

サイバー・コミュニケーションズの

 最高経営責任者交代

しかも、不透明取引で・・・・・・・・・・・・

IRを読みながら、飲みかけたビールを噴出してしまうほどの驚きです。

決算は、十分過ぎるほど素晴らしいですよ。

なんせ、人件費の上昇を吸収することができるほど儲けてるんですから。

転職したばかりや、新入社員は即戦力というわけにはならないはずですからねー。

PERとかで見ると、かなり高めですけど、将来性は感じさせてくれます。

なのに・・・ なのにー。 いったい、何をやってるんやろう??

コンプライアンスは絶対ですよ。 絶対。 特にこれからは。

不透明取引をしたのは電通出身だったようですが、これで、ソフトバンクが怒ってないかが気になります。

事件発覚前後で、ソフトバンク側の大株主が変更になってるし・・・。

ソフトバンクと電通ということで、いろいろな分野・特に携帯とかに展開できそうで期待してるので、いざこざはなしの方向でお願いしますよ。

業績も好調で、ほかの新興銘柄とは一味違うと思っていたのに、なんかすげー残念です。

ちょっと凹んでおります。

ちゃんと決算書読まないとなー。 それ次第では、最高の買い場かもしれないし・・・

はぁ、なんか、気持ちが悪いぞ。

 

信用買い残・信用売り残ともに増えてきていたところに、今回の事件が発覚して、まさか、逆日歩になるんじゃねーかな?と思っている 三十路サラリーマン は、そうなったら、チャンスは逃がさねーぞ と心に誓っているのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

ダブルクリック

我が持ち株 『ダブルクリック』 の動きが気になります。

一応4連騰してます。 徐々にでいいので、この調子、この調子。

今日のIRによると、広告配信管理サービスDARTをアットネットホームへ提供を開始しはじめたし、着々と業務を拡大していっています。

このDARTってのは、なかなかの優れものなので、ネット時代には有力なツールになると思ってるんですが・・・ どうなるやら。

でも、この調子を維持して、今期こそは、今期こそは黒字決算を~。

このあたりで、ドドーンと打ち上げ花火をよろしくお願いしますよ。

 

サイバーコミュニケーションの決算発表があったので、風呂に入ってからゆっくり見てみようと思っている 三十路サラリーマン なのでした。 利益はぐんっと伸びているようなので、一安心しているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 8日 (月)

富士機械製造の掲示板

富士機械製造を除き、我が持ち株全てUPしておりました!

ひさしぶりの快挙です。

と言っても、今年度は、全然駄目なんですけどね・・・

で、その騰がらなかった富士機械製造なんですが、

業績・財務ともに素晴らしいんですよ。

正直 “何故に騰がらない?” と思ってるんです。

名証銘柄だから目立たないのが原因なのか、

信用買いの問題なのか、はたまた円高か。 素人には分かりかねますが・・・

 

株式投資をするとき、Yahooの掲示板は見ないようにしてるのですが、富士機械製造だけは見てます。

書き込む人が少ないせいもあるのか、内容が詳しいものが多いです。

宣伝ばかりだと嫌になりますもんね。

何はともあれ、決算を迎える富士機械製造の動きに要チェックです。

※株は自己責任でお願いします。

 

久しぶりに株式関係のことを書いた 三十路サラリーマン は、新聞で見た逮捕の記事の影響が新興銘柄に影響を与えないか心配しているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 7日 (日)

道後温泉 一泊二食100円 也

 道後温泉 一泊二食100円 也

実は、松山旅行の時に見つけて、絶対応募しようと思っている企画です。

詳しいことは、こちらを。

夏目漱石 『坊ちゃん』 発表100周年記念の催しらしいです。

それにしても、思い切ったことを考えたもんですね(嬉)。

有名旅館の名前もチラホラありますし、これは、是非とも当てたいところです。

といっても、競争率はかなりのものになりそうですけどね(笑)。

吹けよ、神風~!!!

 

GW中は、あまりにも混んでいたため、道後温泉には入らなかったので、もう一度リベンジしたいと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年5月 6日 (土)

インテックス大阪

インテックス大阪へ。

目指すは、フリーマーケット。

といっても、付き添いなのですが・・・

どちらかというと 気になるのは インテックスフェスタ2006。

世界の「衣食住遊」が一同に。

どちらも、そこそこ楽しかったですよ。

特に、旅行好きの自分としては、今年こそは、どこかに行こうと計画中だったので、参考になりました。

それにしても、民芸品の値段はボリすぎです(汗)。

インテックス大阪が立っている埋立地に残る広大な空き地を見て、愕然としてしまった 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 5日 (金)

坂の上の雲

本日は、坂の上の雲の主人公たちの舞台 松山 です。

060504_100201 まずは、松山城。

見事な石垣。

城に向かっての坂道。

そして、青い空と白い雲。

まさに、坂の上の雲じゃないですか・・・・ (感動)

060504_101501_1 頂上まで登ってきて、下界を見下ろすと、城下町が広がってます。

街があって、山があって、海があって。

本当に素晴らしい眺めです。

大都会のビルから見るのとは、また違った感動がありますね。

城山の頂上から見上げると、そこには、また白い雲が・・・。

工事中のお城の中を見学したあとは、頂上のベンチでちょっと一休み。

いろいろ考えちゃいました。

 

060504_105601次に向かったのは、秋山兄弟の生誕地。

お城のすぐ近くにあります。

ボランティアの方にいろいろ教えてもらいました。

この場所から、偉大な兄弟が生まれたんだと思うと、ぐっとくるところがありました。

 

坂の上の雲に登場する3人の人物の故郷を旅して思ったこと・・・

 『 自分自身は懸命に生きているだろうか 』

ということでした。 

城山で、白い雲を見上げながらいろいろ考えました。

そして、それを行動に移さなければ!という決意もしました。

いろいろな意味で、本当によい旅行となりました。

 

秋山兄弟生誕地を探しながら迷い込んだ under ground cafe が 非常に気に入ってしまった 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

じゃこ天とたい飯

やってきました、愛媛県宇和島市。

駅には、宇和島じゃこ天マップなるものもあって、テンション上がりまくりです。

でも、時間がない・・・ 全部はまわれねー。

ということで、商店街の近くにあるじゃこ天屋さんへ。

で、揚げたてをひとつ。

 うっま~い。

これで、キンキンに冷えたビールでもあればなー、と思いつつ、二つ目を・・・。

 やっぱり、うっま~い。

最高です。

と、じゃこ天に大満足したあと、次の目的へ。

次の目的とは、鯛めし

ペナルティ・ワッキーのやってた 『地名しりとり』 を知ってる方なら分かると思います。

ワッキーの一押し郷土料理が 宇和島の『鯛めし』なんですよ。

で、お味のほうは、これまた 最高っす

簡単に説明すると鯛の刺身を飯の上に乗せて、

卵とダシを混ぜたものをぶっ掛けて、一気に食べる料理です。

いやー、おいしい。

鯛が新鮮じゃないと絶対食べられない味ですよね。

うんうん、大満足です。

・・・・  こんな感じでじゃこ天の旅は終わったのでした。

 

宇和島といえば、『ヨンキュウ』の本社があるところだなー、と こんなところまできて、株のことを考えている 三十路サラリーマン なのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 3日 (水)

じゃこ天の旅

『 まさに シンプル イズ ベスト! 揚物料理の逆産業革命やー』 

と思わず叫びたくなる食べ物。

そう、それは、じゃこ天

これを食べに、本場の宇和島まで行ってきます。

詳しくは、後日。

では、行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

海の幸を満喫

ちょろっと親戚での用事をすましたあと、家族・親戚と一緒に飯を食べにいくことに・・・。

行った場所は 『 三崎漁師物語り 松山店 』

うまかったですよー。 

岬あじ・岬さば・伊勢海老・鯛めし・・・などなど。

どれもこれも うまい。

瀬戸内海と宇和海という海に囲まれているから、これほど新鮮なんでしょうね。

悔やまれるのは、あまりの豪華さにテンションがあがってしまって、写真をとりわすれてしまったこと・・・

悔やまれます。

なので、HPからちょっと拝借。

是非、みなさんもご賞味ください。

Okemori  

 

 

ちょっと雑談。 

岬アジとかいて、ハナアジと呼ぶそうです。 関アジと逆側でとれるだけで、卸値がかなりちがうとか。 ブランドって作るのも大変だけど、作ってしまうと強いんですねー。 改めて思いました。

 

この2日間に、我が持ち株『ダブルクリック』が動き始めたのを見て、密かに今後の動向に期待を寄せている三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

しまなみ海峡

しまなみ海峡ってしってます?

本州と四国を結ぶ3つの橋の中で、一番最後に開通したやつです。

島を何個も結んでいるので、この愛称だそうです。

感想はというと・・・・

 最高です!!

青い海と青い空と島々のコントラストがなんともいえません。

湾岸線とかもきれいだけど、やっぱり自然にはかないませんなー(笑)

瀬戸内海のような景色は、世界でもあまり見られないと聞いたことがあります。

いやぁ、日本に生まれて良かった。

 

今回の目的は、ちょいと親戚のところに用事があって行くんです。

が、個人的には、『坂の上の雲』の主人公の生まれ故郷である『松山』を訪れることにあります。

秋山兄弟と正岡子規、偉大です。

あーなりたいなーと思っています。

なかなか難しいし、賛否分かれるところがある小説ですが、自分自身は大好きです。

今回の休暇を利用した旅行で、自分の中の『坂の上の雲』を見つけたいと思ってます。

 

しまなみ海峡のSAの飯は、鯛めしやらたこ飯やらあって目移りしてしまった 三十路サラリーマン なのでした。 うまかったです。 ここのSAは最高ですね。

060501_094901   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »