« 何故だ? 日本電産サンキョー  | トップページ | サイバー・コミュニケーションズの出来高 »

2006年5月23日 (火)

トッキが次世代型・薄膜太陽電池量産装置開発

日経産業新聞を見ていたら、

『トッキ 次世代型・薄膜太陽電池量産装置開発』

と出てるじゃないですか。

おっ、太陽電池、いいね、エコだね。

久しぶりに、急騰するかと思っていたのですが、反応なし。

なんとなくその反応わかる・・・ 自分も飛びつかなかったし。

というのも、そもそも有機ELだって離陸できてないのに、太陽電池だなんて、期待だけではちょっと・・・・今のところは無理っす。

まずは、有機ELから、お願い。離陸してくれ。

有機ELも日本では三洋の撤退や東北パイオニアの縮小など、くら~い話題ばかり。

でも、フィンランドのノキアがメインディスプレイに採用を決めたんで、イッキに液晶独占を切り崩すんじゃないかと・・・・ これは、ほんまに

 期待大

問題は、製造方法ですよね。 

トッキの真空蒸着方式が採用されてれば・・・の話。

材料開発では、真空蒸着を使うはずの低分子のほうが進んでると思うのですが・・・

日本メーカーも早くメインディスプレイに使ってくれないかな。

ワンセグ始まって、機能は増える一方の携帯なんだから、なるべく薄くて消費電力が少ないものが人気になると思うんだけどなー。

 

『蒸着の弱点は、蒸発させたものがいろいろな場所に着くから、無駄が多い。 蒸発したオヤジがいろいろなところで悪さするのと同じ。』 と言って教えてくれた先生は、かなりブラックユーモアたっぷりやったなぁ と、いまさら思い出した三十路サラリーマンでした。

|

« 何故だ? 日本電産サンキョー  | トップページ | サイバー・コミュニケーションズの出来高 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71015/1911933

この記事へのトラックバック一覧です: トッキが次世代型・薄膜太陽電池量産装置開発:

« 何故だ? 日本電産サンキョー  | トップページ | サイバー・コミュニケーションズの出来高 »