« 富士機械製造 ストップ高 | トップページ | どうする?どうなる?井関農機 »

2006年5月20日 (土)

農家の教え

じいちゃんは専業農家・父ちゃんは兼業農家だった我が家。

そのせいもあって、小さいときから田んぼや畑で遊んだり手伝いさせられたり。

当時は嫌だったことも、今となっては良い経験になったなと思う。

じいちゃんはいろいろ教えてくれた。

「 米だけ作ってたらいかん。 天気がわるーて、米が取れんかもしれんけんな。 」

「 ニンジンと芋は、種蒔きの時期が違うんぞ、間違えたら、なんぼがんばって育てても、育たんわい。 」

「 ほかの人が出すときより早く新米を農協に出したら、高う買うてもらえるんじゃ。」

「 熟れすぎる前に採らんと、すぐに腐ってしまう。」

などなど。

 

仕事も株も農業も一緒。

じいちゃん、ありがとうね。

 

一年を通じて稲作をしていた農家の次男坊のせいかのか短期売買は全く苦手な 三十路サラリーマン。 三十路サラリーマンの家で使っていた農機具は井関農機製でした。

|

« 富士機械製造 ストップ高 | トップページ | どうする?どうなる?井関農機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71015/1866182

この記事へのトラックバック一覧です: 農家の教え:

« 富士機械製造 ストップ高 | トップページ | どうする?どうなる?井関農機 »