« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

富士機械製造 下げた!

日経平均が騰がってる中・・・  富士機械製造が下げました。

うーん、微妙・・・ 2750円あたりでウロウロしそうな感じです。

個人的には、ニューヨークも日経平均も騰がってるんで、当然、富士機械製造も3000円目指して行くか!と思ったんですけどね。

そう甘くはないですか。

「サイバー・コミュニケーションズを忘れるな!」を合言葉にがんばっている今年度。

富士機械製造が落ち着いたら、ちょろっと売ろうと思ってます。

といいつつ、3000円目指して爆発しないかなーなんても思ってたり・・・

いずれにしても、おもしろい銘柄です。

 

昨日、トッキを買い増しました。 輝きだせ! 有機EL!! と切実に思っている 三十路サラリーマン でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月29日 (木)

インプレスTV

『 週間★ロマン鉄道 』 に 『 高橋敏也のROBOT.TV 』

そして、『 水曜どうでしょう 』

さぁ、このラインナップはなんでしょう?

 

正解は・・・

 

『 インプレスTV 』 で見られる番組なんです。

どうっすか? マニアックでしょ、マニアック。

北海道発の人気番組 『 水曜どうでしょう 』 がまだ弾けてないときから採用しているあたり、かなりマニア心をくすぐります。

「こんな本、誰が読むんやろ?」と思うような本ってありますよね?

でも、毎週、確実に数冊は置かれている・・・ 「トランジスタ技術」 「体育科教育」 なぞの本たち。

でも、確実に売れるんです! 実際、後輩はトランジスタ技術を愛読してるんです。

いやぁ、このマニアックなところが惹かれるんですよね。

今はやりの、ロングテールで言うところの、テールの部分だけに注目している インプレス !!

個人的には大好きです。 応援しまっせ。

といっても、この番組内容では、普通の人には見向きもされませんわな・・・  投資家を振り向かすようにがんばれ! インプレス!!

 

実は・・・ 「水曜どうでしょう」のビデオは全部持っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

福井総裁に見習うべきもの

福井総裁は、日銀総裁をやめるべきだ。というのが自分の主張だが、見習うべきところもある。

村上ファンドに出資したのが、1999年。

そのときの株価は、18000円前後。

それ以降、ご存知のとおり株価は暴落し、03年には、7600円台までに。

なのに、投資を続行したあたりは、『さすがプロ』だと思う。

自分は小心者なんで、ちょっとの上げ下げで一喜一憂。

1000万円もの大金が減ってゆくのを横目に見ながら、持続するなかなか大変だ。

そして、2月の売り抜け。

完璧です。

長期投資の鏡のような、リスクをちゃんととって、確実に利益を得る。

もう、文句のつけようがありません。

日銀の総裁じゃなかったら、褒め称えているのに・・・

日銀の総裁になるときに、もうちょっと自覚があれば。

こうなったら、きちんとしたルールを作って、後任に総裁の座を明け渡しましょうよ。

ちなみに、福井総裁に対しては、こんなことを思ってます。

 

自分の持っているインド株投資信託も、長期投資で運用するぞ!と心に誓う 三十路サラリーマン でした。  「投資信託かよっ!」って突っ込みはなしでお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月27日 (火)

(株)佐藤渡辺

値上がり率ランキング1位 (株)佐藤渡辺。

佐藤渡辺って、何かの間違いじゃろ?

と思って企業情報をクリック。

【特色】旧渡辺組と旧佐藤道路が合併 だって。

勉強不足です・・・ 佐藤渡辺、全く知らんかった。

でも、よくよく考えてみると、面白い名前だ。

日本の苗字 1位佐藤 5位渡辺 なんだから。

受話器の向こうから

『 佐藤渡辺でございます 』

って答えが返ってきたら、頭がこんがらがるやろな。

逆に言えば、インパクトある。

佐藤渡辺で働いている鈴木さんとかだったら、おいしいで。

間違いなく、一発で覚えてもらえる・・・ 完璧じゃないかもしれないけど、絶対覚えてはもらえる。

『佐藤渡辺の田中さん?  いや、佐藤鈴木の伊藤さん?やったっけ』

てな感じのはず。

佐藤渡辺! 完璧に覚えました。 今後は要チャック!!

 

自分の本名は日本でも100位内に入るメジャーな名前。 ちなみに、知り合いの名前は、かなり個性的。 子供が生まれそうな名前なんです。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

日産の不振が深刻

日産の不振が深刻。 こんな記事が載ってます。

ゴーンさんになって絶好調が続いたから、その反動でもでたのでしょうか。

それとも・・・ 

(ここからは、メーカー勤務サラリーマンの独り言です。)

日産は、リストラをしてV字回復を成し遂げたのは、非常に有名な話です。でも、その影で、もしかすると次世代技術の開発費までも削っていた可能性もあるのではないかと思います。たとえば、ハイブリッド、 トヨタ・本田は自力で開発したのに、日産はトヨタから供給を受けることになりました。新型車も多く出しましたが、あきらかな新技術・新しい価値感というものを感じさせてくれる車は、あまりなかったかもしれません。もうひとつ気になるのがボーナス等のお金関係のことです。日産はゴーンさんの考えもあり、ボーナスも一発回答、非常に従業員にとってはうれしい結果になったものだと思います。果たして、業績が落ちてきたからといって、下げることができるのか・・・。モチベーションは維持できるのか、気になるところです。リストラをした直後は、無駄な人件費などもそぎ落ち回復するものですが、その間に技術開発を滞らせてしまうと大変なことになります。技術だけは遅れてしまうと、なかなか追いつけないものです。自分の勘が間違いであるとは思いますが・・・ 以上、独り言でした。

日産の自動車といえば、Z。

近くに、代々のZを取り扱っているお店があるのですが、ついつい見入ってしまいます。

オヤジが昔乗ってたらしく、何枚か写真を見せてもらったことがあるんです。

その影響なのか、自分が乗ったかどうか覚えてもないくせに、Zは大好きです。

がんばれ! 日産! 

 

一年ほど前、カルソニックカンセイを 600円→800円 の流れに綺麗にのれたのを思い出した 三十路サラリーマン なのでした。 初心忘れるべからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

メイドカフェの経済学

ちょっと前になるが、出張で東京へ。

無事仕事も終えて、ちょっと遊んでからと思っていろいろ考えた結果

 メイドカフェに行ってみよう!!

ってことに。 今さらながらなんだけどね・・・

行ってみたのが@home cafeというところ。

結構ドキドキ・・・ スーツ姿のサラリーマンが入ってもいいもんかと。

とりあえず、エレベータの扉が開いて、自動ドアを抜けると

 「おかえりなさい、ご主人様」

おぉぉぉぉぉぉぉ! これですか! 

と思った次の瞬間には、料金説明が・・・ 

なんと、90分制で、座るだけで禁煙なら300円、喫煙なら500円とられるのだとか!

ここまで来たら、コーヒーぐらいと思って中へ中へ。

金曜日の昼間ということもあって、今日は空いてるらしい。

客層の半分は観光客っぽい感じで、半分は本気モード!!

こうもキャラの違う人間が一同に揃うなんて、さすが東京!大都会ならでは!

など思いながら、物珍しさにキョロキョロ。

内装・・・ 金かかってねー。 メイドさん、う~ん、自分の価値観とは世界が違いすぎて・・・

とちょっと自分の居場所が見つからないままに、いきなりじゃんけん大会が!!!

しかも、振りつきで! っときたもんだ。

 『@マークでじゃんけんぽん、あいこで萌え』

いやぁ~、どうしたもんかと。 なんやろ・・・すげー恥ずかしい。

結局、一回戦敗戦。  よかったのか、残念だったのか・・・・  。

まー、これ以外は、やることもなく、自分の居場所も作ることができなかったので、退散。

結局、30分ぐらいで1000円ほどのお支払い。

 

それにしても、素晴らしいビジネスモデルですよ。

サービス業は (料理の質)・(サービスの質)・(雰囲気の質)が良くないと勝ち抜けないと言われているのに、サービスの部分で萌えに特化してるんですから。

しかも、90分で回転させるとなれば、これはすごい。

問題は、少ないパイの奪いあいになったときですよね。

何で差別化するのか、それとも、とっとと資金を回収しにいくほうが賢いのか、このあたりが問題になりそうです。

まー、良い経験でした。

 

キャバクラで延長延長で支払う金のほうが大金なのに、自分が盛り上がらないときに払う1000円のほうが、 しまった~ と思ってしまった 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

まだはもうなり、もうはまだなり

会社の先輩が結婚することになり、そのお祝いもかねて飲み会へ。

仲良し6人組で飲んだわけなんだけど、よくよく考えるとお互いプライベートなことはあまりしらない。

結婚したとか子供ができたとか彼女がいるいないは知ってるけど、嫁を知らなかったり、彼女をみたことがなかったり。

そのへんを知らないからこそ、アホなことできるのかもしれないけどね。

その楽しい飲みの場での一言。

『 もう30ですもんねー。』 『 まだ30やろ。』

『 まだはもうなり、もうはまだなり ですよ。』

『 なんや、お前ら 株やってんのか?』

と株の話に・・・。 これがなかなか盛り上がっちゃって。

みんなきちんと運用しておりました。 実績もすばらしい。

職場の同僚たちとは違います。 かなり凝り性の奴らばかりやから、株のほうもかなりこだわりがあるようで。

ということで、飲みすぎましたので、土曜日のブログはお休みです。

 

運用総額は5000万円ぐらいかなー。 俺は2000万。 えー、そうなんや! みんなすごいなー。と驚かされた 三十路サラリーマン でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ニッシンの投資単位

東証、1万円以下の投資単位認めず。

「望ましい投資金額」の目安は5~50万円と明記。

業績不振による株価下落は含まれない。

と、新聞に書いてあったのですが、ニッシンはどうなるんでしょうか?

本日の株価85円 × 単元株数100株 = 8500円也

5万円どころか、8500円ですよ。

その昔、『何故、株式分割を繰り返すのか?』とIRに質問したところ、

『株価を安くし個人株主を多くするほうが株価下落時に強く、結局株主にとって利益となる』 って感じの答えが返って来たのを覚えてます。

でも、その代わり、現状を見ていると買い残の山。

昔みたいに、信用枠一杯一杯まで買う人は少ないと聞くので、手が出やすいニッシン株に矛先が向いているのかもしれないですね。

業績も好調だし、将来性もかってるんだぞ。

マネーゲームに巻き込まれないことのほうが、株主にとってはうれしいことなのかもしれないぞ。

いっそ、単元株を1000株にしちゃったらいいんじゃねーか?

そうすれば、85000円だ。

2倍になっても170000円也。

こうするほうが、絶対いいと思う。

 

ニッシン・・・  火曜日に買い残が増えてることに驚愕だった 三十路サラリーマン でした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月21日 (水)

わからない

わからない・・・

アメリカの双子の赤字がどうにもならないから、ドル安になると想像してるのに、なんか最近円安。

すでに、この時点で自分の経済感覚と実際の相場とにギャップがあるわけで。

世界的な株安傾向は続いてる気もするしなー。

テポドンも気になるし、イラク問題も気になるし、ホリエモン関係がどの程度まで広がるかも気になるし・・・ 気になるし・気になるし・・・

などなど考えてると、なんか不安でなかなか踏み切れない。

 『まだはもうなり、もうはまだなり』

いやぁ・・・ 難しい。

でも、これが楽しいんだよね。

 

ボーナスが出て、そのうちの一部を投資に回そうと思っている 三十路サラリーマン は、大きな経済の流れを必死で把握しようとしてるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月20日 (火)

サイバー・コミュニケーションズのコンプライアンス強化方針

メールを開くと、サイバー・コミュニケーションズから

『 当社グループのコンプライアンス強化方針 』

のメールが! って オイッ!!

何を今さら? コンプライアンスを守るのは当然だってぇんでぇ。

会社のトップ自らが不明瞭な取引やってたくせに・・・

たしかに、中央青山の監査もいい加減だし、ライブドアも村上ファンドもギリギリなところで勝負してたわけだし、この件はまだまだ延焼していきそうだしね。

早めに社長を辞めさせて、コンプライアンス強化に乗り出したという姿勢をアピールして、健全性を早めに示すのを良いかもしれん。

とりあえず、今の時流は 『ルールの作り直し????』なのかもしれませんね。

 

最近、日経にネット広告代理店の特集がのってるけど、読んでみると結構おもしろい。

ネット広告代理店も集約が進んでるみたい。

サイバー・コミュニケーションズは、メディア・レップなので若干違うんだけど、最王手だからね。

Web2.0とか言っても、主要なサイトは存在し続けると思うので、将来性はあるのではないかと・・・

さぁ、どうなりますか? 期待してるよ、CCI。

 

なんと、我がブログ、2000ヒットを記録してるじゃあ~りませんかっ! ありがとうございます。 感謝感激の 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

株のネット取引、初心者&若者ほど“皮算用”

ITmediaに、

株のネット取引、初心者&若者ほど“皮算用”

って記事が載ってます(笑)。

まさに自分自身のことですね。 ちょこっと抜粋。

--------------------------------------

保有株の時価総額に対する、この先1年の利益目標額の割合「とらたぬ率」(=捕らぬ狸の皮算用率)平均は42.5%だったが、投資を始めて半年以内の初心者は125.7%、つまり倍以上と突出して高かった。

 年齢別では、若年層になるほど「とらたぬ率」が高く、20代が141.9%、30代が76.1%、40代が34.9%、50代が30.5%。保有株の時価総額別では、時価総額が低いほど「とらたぬ率」が高い傾向で、100万円未満が178.1%、100~500万円未満が72.5%、500~1000万円未満は58.9%、1000万円以上が27.2%だった。

-----------------------------

去年の今頃は、自分も含み益で計算して180%近くに達してたっけ。 

こりゃこのまま行くと、1億円も夢じゃないなと・・・・

1000万円の大台までホンマにあと数万円まできたときにライブドアショック!

サイバー・コミュニケーションズもニッシンもズルズルズルズル

ネット関連はこれからだ!と思って投資したインプレスもダブルクリックもズルズルズルズル。

いやいや、勉強させていただいてます。

三十路になって落ち着いてきたので、今年度は『とらたぬ度』を引き締めて、確実に利益を上げるようにがんばらないと。

ワールドカップもそうだけど、強豪チームはパスを回していって、ここだというときに攻め込んで得点を決めます。そして、守るときは完璧に守りきります。

大きな経済という流れの中で、今が攻め時なのか守り時なのか、この判断が重要になってるんですよね。

 

ん、でも、ちょっと考えて、冷静に計算してみると・・・

100万円未満 (50万円とすると) ・・・ 約90万円増やしたい

500万円未満 (250万円とすると) ・・・ 約180万円増やしたい

1000万円未満 (750万円とすると) ・・・ 約440万円増やしたい

1000万円以上 (2000万円とすると) ・・・ 約540万円増やしたい

ってことになります。 パーセントで見るのとはちょっと違いますよね。

お金持ちは、運用率が低くても十分なリターンが得られます、それに引き換え自分を含めた一般人は・・・ かなりがんばらないと!!

やはり、スタートダッシュが大切です。

スタートダッシュで成功すれば、そのあとは、図に乗らず運用率を下げても、十分な金額が増加することがわかります。

これは重要!!

このあたりのこともきっちりと胸に叩き込んでおこうと思います。

では、みなさん、がんばりましょう!!

 

お金は寂しがりやだから、お金があるところに集まるらしい・・・  ってことは、当分無理だなと嘆いている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月18日 (日)

auの音楽携帯

遅ればせながら、auの音楽携帯を使い始めました。

CDやネットからダウンロードして、電車の中や歩いてるときに好きな音楽を聴く。

いいですねー、 今まではウォークマン+携帯だったのが一つになって、場所もとらないし。

でも、問題が・・・  それは、電池の持ち。

やっぱり、音楽を聴いたりすると電池の持ちが悪くて悪くて・・・

出張の新幹線の中で聴いたりすると、あっという間になくなります。

携帯がお金がわりになってきたりテレビになってきたりと、とにかく、多機能になるにつれて消費してゆくのは電池。

もうすでに株価は動いているけど、電池関連はこれからも有望ですな。

電池と言えば、三洋電機 ・・・ 電池だけとれば超一流の会社なんだけどな。

本気で改革に取り組むのなら、電池関係の事業部の本社を大阪にすれば良いのに。

淡路島が駄目ってわけじゃないけど、新卒の奴らが働きたいと思う場所にあったほうが良いんじゃないかと思う。

自動車が作りたい! 飛行機が作りたい! というほどの熱意を電池に対して持っている人は少ないはずだから、勤務地ってのが新卒・中途の人が選ぶ重要なファクターになると思うんだけどな。

 

電池がなくなれば、ただの箱・・・  財布も電話も音楽もすべてなくなるなんて ますます携帯依存が強くなるな と思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

顔で得する福井総裁

福井総裁の浦島太郎に似た顔を見ていると、悪いことはしそうにないと思ってしまう。

今回の村上ファンドの件にしても、悪いことをやったわけではないが、倫理的・道理的に問題があるのだと思う。

公の仕事につく人間としての自覚が足りなかったことが問題なのだ。

企業や個人と公人(公務員)は違う。

企業は「公正な競争を通じて、利益を追求する経営的主体」なのに対して、公人(公務員)は「全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない」のだ。

村上ファンドは企業(?)であるのだから、利益を追求しても良いし当然だと思う。

ただ、その利益の追求する手段が卑劣だっただけ。

一方、福井日銀総裁は、日銀という日本の最高機関のひとつの長になり、日本の金融を引っ張ってゆく立場になるにもかかわらず、投資等の凍結・整理・公開をしなかった。

制度があったなかったのレベルの問題ではなく、日銀総裁になろうという人がそれくらいの自覚がなかったことが問題だ。

個人的には福井総裁は辞めるべきだと思う。

 

H(堀江)→M(村上) とくれば、 K だと思ったが、M→福井総裁ときましたか!

じゃ、M 繋がりで、次は3Mに進むのか? まさか T までいくか、六本木のビル連中のどこまで延焼するか? 

気になるところだが、耐震偽装とかBSE問題とかのほうが、自分を含めて一般市民にとっては大切な問題だと思うのだが・・・

日本のどのくらいのマンションが耐震に問題があるの?

アメリカ産の牛肉と知らずに食べて、何年後かに日本中で発病したらどうするの?

応援のつもりで1000万円って・・・ こちとら、ユニクロのTシャツで1000円は高いか っとか思ってるってーの。

そんな夢話はいいから、もっと現実的な問題に注目しよや。

 

応援するつもりで1000万円ぐらいをサッと出せるぐらいにはなりたいと思っている私利私欲の塊の 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月16日 (金)

個人株主は嫌い

日経産業新聞か日刊工業新聞に、とある社長のぼやきが載ってました。

内容はというと、株主総会で個人株主が増えて、今までにない問題が発生しているということでした。

その問題というのは・・・

 株主総会での議題そのものが、くだらないものになってきている!

というものでした。

本来、株主総会は、会社の運営方法や利益の配分などを決める場所のはずなのに、個人株主が増えると、

「株主優待を豪華なものにしろ」 や 「会場内の茶菓子を豪華にしろ」 という意見が提案され、それに多くの個人株主が 「そうだそうだ」

と盛り上がるらしいです。

 ・・・  まー、よくそんなことを言うなー。

単元枚数を引き下げたり、株主優待で株価を維持しようとしたのは、自分たちでしょうが・・・

それを個人株主のせいにするなんて! ちょっと都合が良すぎるんじゃねーかな。

でも、確かに株主総会の場で株主優待の内容を議論するのは微妙な気がします。

しかも、優待は株主全員が使えるわけじゃないし、不公平な気もします。

といっても、財務諸表も読めずに、ただ優待が欲しいだけで株を買った人もいるわけだから、そのあたりはご勘弁を。

新聞に社長の名前は出てなかったのですが、これがカゴメの社長だったら、大爆笑ですよね・・・  いや、笑えねーか。

 

今日の反発で底なのか?と悩んでいる 三十路サラリーマン の脳裏には、 『もうはまだなり、まだはもうなり』 が横切るのでありました。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ワールドカップ効果

ワールドカップ効果で薄型テレビやDVDレコーダーが売れている、と新聞に載ってました。

たしかに、大画面で見たいし、夜中の試合は録画したいと思いますよね。

日本経済にとっても良いことなので、是非、我らが日本代表もなんとか予選を勝ち抜いて欲しいと思ってます。

 

オーストラリア戦は何故負けたのか? いろいろな原因が考えられると思うけど、個人的には、1点を取られてからのメンタル面の崩壊があると思います。

世界の強豪の試合を見ていると、とにかく守りがしっかりしてます。

そして、チャンスできっちり決めてきます。

しっかり守る・きっちり決める、普通のことなのですが、守りに集中するにも、ワンチャンスをものにするのも、試合への集中力が必要です。

やはり、強豪国はテクニカル面だけでなく、メンタル面も非常に優れてるのだと・・・

日本代表のあれほどの選手たちが、1点取られただけでチームのムードがガラリと変わってました。

ムードが変わった・・・試合を見てた全員が思ったことなんじゃないでしょうか?

次のクロアチア戦、なんとしても勝ってもらいたい。

そして、ブラジルにも勝ってもらいたい。

がんばれ、日本!!

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今大会は、強豪国がきっちり勝ってきてますね。オランダ・スペイン・アルゼンチンは仕上がりが素晴らしい。イマイチに見えるのは、イングランド・スウェーデン・ウクライナ・フランス。どうした、アンリ? シェフチェンコ含めて動きが鈍く見えるし・・・ 自分の予想以上に、オランダの仕上がりが良い気がします。オランダは怪我人が多かったのに、さすが、上げてきますね。グループCは面白すぎる。アルゼンチン・オランダ・コートジボアール・セルビアモンテネグロ、どこが勝ち抜いてもおかしくないです。悲願のオランダ優勝を見たいと思っている 三十路サラリーマン なのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月15日 (木)

四季報チェック

四季報で自分の持ち株や他の銘柄もチェック中。

自分の持ち株に関しては、決算書とか読んでると四季報に書いてある内容が大きく異なることはないんだけど、他の銘柄との比較がしやすいのが良いですよね。

本当に内容の凝縮した本だと思います。

いろんな角度から四季報を見てるけど、ちょっと自分の持ち株の 【○○○○】 でならべるとこうなります。

絶好調から反落まで・・・  いろいろあります。

井関農機の【反落】には正直驚きました。

財務が弱いのは分かっていたんですが、かなり改善してきていた(といっても以前が悪すぎ)ので、大丈夫かなと思っていたのですが、金利高懸念で営業益反落らしい。

やっぱり、金利が上がるとなると、財務が弱いところは厳しいですね。

とりあえず、一覧。

【絶好調】   富士機械製造

【好調】    サイバー・コミュニケーションズ

【営業増益】 ニッシン

【連続更新】 東レ

【拡大】       トッキ

【漸進】      ダブルクリック

【投資優先】 インプレス

【反落】      井関農機

 

四季報を人より早く手に入れることができる人が羨ましい 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

下げ止まり? インプレス

インプレス・・・ やっと下げ止まりでしょうか?

安い!と思って投資したときが64000円、そして、今は40000円・・・

落ちました・・・ 6割ぐらいになってます。

自分の見る目の無さに嫌気がさしますね。 ほんまに、損切りもできねーし。

 ・・・・  駄目だな 自分駄目駄目だ・・・・

と思っても、今でも信じてるんですよ、インプレスは伸びると!!

PBRも約1倍、業績も財務も悪くないと思うし。

出版からネット時代への脱皮をはかってるし。

それになにより、自分の心をくすぐる マニアック な方向性。

自分が技術屋だからかもしれないけど、電器屋に行くと心躍るように、デジカメWatchとか携帯Watchとか大好きなんだすよね。

うまーくネット企業に脱皮してくれねーかなー。

気になるのは、GSとの100億円のMSCBもどきのやつ。

2005年10月プレスリリースに載ってるんだけど、なかなか難しい。

権利行使期間が2年間、今のところM&Aもしてないし、動きがみえない。

ただ、今の株価で行使されちゃうと、とんでもない数になってしまい、希薄化しちゃう。

う~ん、経営陣がどのように思っているのか分かりかねますが・・・。

 

ということで、まとめると、自分はインプレスファンなんでしょう(笑)。

株は自己責任で!! お願いしますよって こんなボロボロな成績なのに誰が参考にするってぇんだ。

 

『できる 株式投資』 って本を出版してみてはどうですか? by 三十路サラリーマン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタがエタノール車発売

 トヨタがエタノール車発売へ

さすが世界のトヨタ、バイオマスエネルギー関係も抜かりなし。

といっても、ブラジルで発売予定なので、当分は日本での登場予定なし。

残念・・・ まぁ、日本ではエタノールのほうが、ガソリンよりも割高らしいのでしょうがないか。

ブラジルはエタノールの原料のサトウキビがたくさん採れるので、エタノールも安く作れるんでしょうね。

品種改良で成長が早く大きいサトウキビもつくれるようになってきてるので、これから農業は熱くなってくると思いますよ。

ということは・・・  ただ今、絶不調の持ち株 井関農機 にも期待が寄せられるのでは??  (株は自己責任ですよ)

 

にしても、今回のエタノールもそうだけど、ガソリンよりちょっと高めじゃないですか。

太陽光発電も風力発電もどちらもちょっと高め。

普通に考えれば、技術は進歩しているので、コストも安くなっていくはずなのに、環境に良いことをしようとすると、かならずコスト高になっちゃうんですよね。

石油の値段とかうま~くコントロールして、省エネがブレイクスルーしそうになったら値段を下げて省エネブームを沈静化させているような気がする。

無くなる無くなると言われていた石油もまだまだありそうだし・・・  う~ん。

ちょっと深読みしすぎですね、あぶない雑誌とか読んでないですよ(笑)。

 

久しぶりの取引をしようと資金を移動させた 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

液晶のシャープから有機ELが!!

 液晶のシャープ! 

液晶の?と言えば、シャープですよね。

なんと、そのシャープが有機ELの開発をしてます。

日経BPのtech-onという技術者向けのページに載ってます(会員にならないと本文は見られないですけど)。

一応、メーカー勤務の技術者の端くれ・・・、会員にはなってるので中身を確認したところ、要は、シャープは有機ELを展示会に出品したけど独自性がないっていう内容。

高分子の有機ELだけど、製造装置も他社のものを流用してて特徴がないってことらしい。

でも、いいじゃないですか、いいじゃないですか!!

シャープがですよ、あの液晶・液晶と言っていたシャープがついに有機ELに手を出していることを公にしたってことが重要ですよね。

なかなか製品化されない有機ELだけど、やっぱり世間の注目は集めてるってことですよ!

それにシャープまでも参入してくるとなれば、再び有機ELに風が吹いてくるかもしれません。

となると・・・  持ち株の中でも インプレス とともに並んで含み益を計上している トッキ にも脚光が浴びせられるときがくるかも? (もちろん、株は自己責任でおねがいします)

有機ELのシャープなんてことにならないかなー。

 

ワールドカップ・・・  なんでや~!  自棄酒飲んで二日酔いの 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月12日 (月)

サイバー・コミュニケーションズ・富士機械製造

サイバー・コミュニケーションズと富士機械製造。

今、自分の持ち株の中でかなり熱い銘柄です。

サイバー・コミュニケーションズは、最近出来高も多いし、信用倍率も1倍台。

前社長のインサイダー関係が気になるところではありますが、いやぁ、どうなるんでしょうか。

売り残・買い残ともに増加してるしね。

続いて、富士機械製造。

こちらは、この相場の中、調子良いです。

何度も言ってるけど、好業績+良好な財務体質ですからね。

最高値からちょうど20%下げたところが、最近の出来高が多かったあたりと重なっていたので、反発するなら安心して見ていられると思っていたけど、案の定反発してくれました。

ってな感じです。

と、それどころではありません。

あと10分後、いよいよキックオフです。

ワールドカップ、ついに日本の登場です。

さぁ、応援するぞ!

 

今日は、明日の仕事が早いので、家でビール飲みながら観戦する 三十路サラリーマン、 次戦は、スポーツバーで大盛り上がりする予定なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

401K の投資信託

昨日のブログで、401Kの話題にふれたので、ちょっと膨らまして・・・

自分の部署の場合に限ってのことかもしれないが、多くの人が運用実績も見ないで毎月一定額の株式投信を買っている。

もちろん、人生という長期的なスパンでの投資ということになるので、日々の株価変動に一喜一憂する必要はないのだが、まったく確認してないというのは問題だと思う。

でも、この問題を逆に考えると、必ず毎月ほぼ一定額が確実に買われているってことになる。

これって、すごくない?

一定額必ず買うってことは、大きなスパンでみれば、確実に上がるってことになるんじゃないかと・・・

もちろん、いろんな人が投資を勉強して、分からずに買っている人たちの数が減って流動性が増せば違う結果になるのだろうけど。

投資信託に投資している総額のうち、401Kで個人が買っている割合に推移がわかる指標とかないかなー。

あれば、その指標が年々増している投資信託を買いたいのに・・・

 

ワールドカップで寝不足になることは間違いない 三十路サラリーマン が期待しているオランダは本日出番。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年6月10日 (土)

401K、どうしてますか?

会社の部署の飲み会での出来事。

メンバーは、理論派の課長 ・ バブル入社・家庭第一の先輩 ・ 超まじめな先輩 ・ のんびりしている先輩 ・ 素朴で一生懸命な後輩 ・ 副業してそうな後輩 ・ そして自分の7人。

自分が働く会社も一応401Kを導入してて、毎月一定額を自分で運用するようになってるんだが、この運用に関して、ちょっと話題の昇ったので、興味津々で聞いていた。

と、この中で、自分の運用実績を知っているのは、自分を含めて2人。

副業してそうな奴と自分だけ。

もちろん、プランの変更とかもしてない(中に、全額預金って人も一人いましたが・・・)。

理由を聞くと、『よく分からないから』が多い。

じゃ、どんなプランなのですか?と聞くと、

『リスクをとって20%は株式投資にしてるよ』 とか 『海外半分・国内半分』 とかいろいろな回答が・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、絶句。

なんで、確認しないの? 

課長、仕事では理論的なのに・・・  先輩、娘の将来心配するのもいいけど、自分の将来もちょっとは考えないと・・・

みんな、実績は確認しないと自分の判断が正しかったのかも分からないですよ~!!

と叫びたくなる気持ちを抑えて、ビールをグビっと。

 

みんな、すごい良い人たちなんだけど、ちょっと世間の大きな流れを把握できてないのかもしれない。

資産運用は会社がやるのではなくて自分でやる。

原資は会社が渡すから運用は自分でしてねってことになってるのに・・・

そっか、無関心でいるってことも自己責任か。

 

就職難の時代に入社しリストラされてゆく人たちを見ている 三十路サラリーマン は、会社に依存しない人生を真剣に考えているのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 9日 (金)

ネットカフェ進化論

仲間数人と調べものをするために久しぶりにネットカフェへ。

いやぁ、進化してますよ、ネットカフェ。

ネットの使い放題やマンガ読み放題はもちろん、シャワーがついていたり、マッサージがあったり、ダーツがあったり・・・  うーん、すごすぎる。

コースもいろいろ用意してあって、3時間コースとかナイトコースとかこれもいろいろ。

今までは最終に乗り遅れたらオールするか、サウナとかに行くかしてたけど、これならネットカフェの方が断然良いです。

ネットカフェ業界、このままどこまで充実してゆくのか期待です。

 

ネットカフェが気に入ったので、企業を検索すると 『メディアクリエイト』 がヒットしました。

ゆう遊空間をやってる会社みたいなんやけど、上場以来下がり続けてます。

決算書も見てないので、何が起こってるのかはわからないけど、ちょっと調べてみようと思ってます。

ゆう遊空間自体に行ったことがないので、まず、自分の目で確かめてからですが・・・

ビジネスホテルも安くなってきてるし、ネットカフェも充実してきたら、サウナやカプセルホテルは新しいことを始めないと、ちょっと厳しいかもしれないですね。

ほんまに日々進化してゆかないと競争に勝てないんだなと思わされます。

 

以前、出張が早く終わったので、駅の近くのサウナに入ったら、紋紋の入った人たちが、かなり重~い話をしていて、すぐにサウナを後にした 三十路サラリーマン なのでした。 昼間のサウナは、不思議空間。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月 8日 (木)

売買代金3兆4300億円の高水準

日経平均1万4633円、下がりましたね、 精神的にガツンときます。

これだけ下げると気分的にも嫌~なムードに・・・

でも、気になることが!

東証の売買代金が3兆4300億円と高水準。

ひさしぶりに外国人のみなさんも買い越しだったみたいだし、そろそろ底じゃないかなー。

この下げで信用買いの整理がついて、そして・・・

なんて妄想してるんですけど、どうでしょう???

今週中は株取引できない状態なんで、あまり大きな動きはしないでほしいんやけどなー。

資金の準備をしなくては・・・

 

今、エクセルでつけてる株式取引の記録が見られないので、富士機械製造が自分が売ろうと思っているぐらいまで値が下がったのかどうかわからず、かなり不安な 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 7日 (水)

パイオニアのプラズマテレビ

先週末、ビックカメラへ。

なぜだか電器屋に行くと心躍る三十路サラリーマン。

買うわけでもないのに、デジカメを見て、“ おーっ ” ipodを見て、“ おおーっ ”と心の中で叫んでおりました。

とブラブラしていると、ド~ンと登場、液晶テレビにプラズマテレビ。

ここは、一応、メーカー勤務なだけに技術者の眼からテレビを拝見、拝見。

理論的に考えると、液晶は動きが遅く、プラズマは映り込みする、ってのが欠点なはずなんです。(結構みなさん、知ってることなのかも?)

なので、粗探しでも的な感じでじっくり見ていたのですが・・・ 十分綺麗です。

普通に見る分には問題ないでしょう。最近のテレビは!

値段が半分になったら買います。絶対、買います。

 

と、ここで、ふと気になったこと。

エレベータを降りた最初に眼に飛び込んでくるところにソニー、その隣がパナソニック、そして大きな亀山の文字が目印のシャープとつづいて、後ろ側にはデカイプラズマの日立という陣取り。

ソニーと同じパネルのサムソン・液晶中心の東芝とかも、あまり面積は広くないけどあります。

あれ?  う~ん、パイオニアは?

と思って探してみると、端の端・・・ ソニーとパナソニックの境界の一番奥にポツーンと一台だけ。

しかも、なんと、その一台、本物じゃないんです、紙でできたニセモノなんです。

これはショックを受けました。

営業力の差がここまで如実に出るなんて。

これじゃー、売れねー。売れるわけねー。

 

パイオニア、株価も上がりつつあるようだし、新規ラインを導入するようだけど、営業のほうもがんばって。

せめて、本物を店頭に。

三洋とかに比べると財務は良いので、もしかしてもしかするかも?

 

パイオニア、自分にとってなじみがあるのは、東北パイオニア。プラズマで負けたのなら、有機ELでぶっちぎっちゃえ!と応援にも力がこもる三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

富士機械製造の着地点

我が持ち株で唯一と言っていい好調銘柄

『 富士機械製造 』

の株価がモミモミしてきたのかどうかが非常に気になる。

現在、予想PERは16倍。

業績も好調・財務も良好なんだけど、名証銘柄だからなのかいつも人気がない。

決算発表してからポーンと上がった後は、出来高が少なくなりながらモミモミモミモミ。

 

個人的な予想としては、今回は3100円ぐらいまでいくかも?と思ってました。

理由は、PERの面からと、売買されている株数が減ってるんで、チャート分析系の人が飛び付けば一気にいくかと・・・・

好調な銘柄だから、みんな保有し続けてる気がしてるんでけどね・・・違ったかな。

最近の地合いもあってか、株価は自分の予想に反して、現在の株価ぐらいでモミモミ開始でしょうか。

まだ、ちょっと出来高があるから、このままジリジリ上げて行ってくれるとうれしいんだけど。

さぁ、どうなりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

「PRIDE」放送中止

村上逮捕! 早い展開で驚いたけど、それ以上に

 『 PRIDE 』 放送中止

は、ほんまにびっくりした。

もともと格闘技好きな自分としては嘘であって欲しい。

 

プライドを放送しない理由は、“放送を継続することが不適切な事象が、イベント会社内であったため”らしいんやけど、何があったんやろ?

某週刊誌に書いてあったことと関係してるんかな。

ホリエモン・村上ファンド関係がどの程度広がっていくのかも気になるけど、プライドのほうはもっと気になる。

まさか、この二つが結びついたりして、まさか ね。

今朝も書いたけど、最近、なにかしらの動きがあるような感じがする。

株式の世界で目立ってた人たちのまわりでいろいろと起こってる。

どこまで広がるのかはわからないけど、自分の持ち株にも影響することなので、注意していかなければ!

 

富士機械製造は、モミモミ開始しだしたらちょっと売るんだと思いながらも、まだまだ上がるかもとおもっちゃう自分の意思の弱さを情けなく思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株式投資 修行中

今のような相場のときこそ、勉強したほうが良いはず。

ということで、今週の気になるところ。今週だけじゃないけど・・・

世界経済的には

 ・アメリカのトリプル安

 ・イラン核問題

 ・ヘッジファンドの動き

アメリカの実態を完全に把握できてはいないけど、いろいろな数値を見る限りかなり危険な状態かとは思ってます。

イランとかで何か起こると、それをトリガーにしてドッカーン、なんてことにならないことを祈ってます。

ブラックマンデー・・・なんてことはないと思ってるけど注意しないと。

続いて、国内では、

 ・堀江・村上関係がどこまで広がるか

 ・信用買い残の動き

ってことです。

HMK とか 3M とか言われてるところが、どうなるんやろ?と思ってます。

金融関係は、与謝野大臣になってから若干動きが変わってきてるように感じます。

個人的には、我が持ち株にも影響を与えているので、微妙な気持ちではありますが、株式市場を正常にするためには大切なものかもしれないですね。

自分の持ち株の中では、サイバー・コミュニケーションズとダブルクリック。

サイバー・コミュニケーションズは、社長退任で終止符を打ったかたちになるのか、ならないのか、電通パワーで押さえ込むのか。

ダブルクリックは、監査法人も変わったし、心機一転となるか?

個人的には、監査法人を変更できたってことは、逆に言えば自信があるともいえるかと。

どっちにしても難しい、がんばりどころ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 4日 (日)

世論操作とインターネット

新聞や雑誌・ネットの記事なんかを見ていると

『 ネットの普及で総表現時代へ 』

っぽいことが書かれている。 

簡単に言えば、このブログと同じように誰でも自分の意見を簡単に表現できるようになったってこと。

今までなら、新聞や雑誌を書くという仕事につかないと、社会に対して何かしらのメッセージを送ることは難しかったけど、今は、三十路サラリーマンでも小学生でもオタクでも、誰でも表現できる。

ネットの時代になると、世論ってのは、新聞や雑誌を書く少数の人の考え方によって決まるのではなくて、いろいろな人の意見の総和となって形成されていくようになるらしい。

ってことなんだけど、個人的には、ネットがいくら普及しても、なかなかそんなことにはならないと思う。

というのも、例えば、今、流行の『口コミ』。

何か商品を買うときには、必ず参考にしてるんだけど、自分が見るのは『価格。com』のサイトが多い。

そして、良い点・悪い点を見て自分で判断して購入する。

でも、あの評価って、ほんまに正しいんだろうか?

価格.comが公正に判断しても、売りたい企業のほうが良い点ばかりを口コミしてたら、結局は、公正にならない。

株式の場合でも、Yahooの掲示板なんてのはひどいもので、どの程度信用してよいものなのかわからない。

でも、株価は、その内容につられて、上へ下へと・・・

今回のホリエモンや村上も掲示板を活用したと言われている。

 

総表現時代になったとしても、サイト数が無数にあった場合には、すべてのサイトを回ることは、もはや、人間の能力を超えている。

googleは、優秀な検索エンジンで、最適なサイトを見つけてくれるけれども、そこは、プログラムの話。

良いサイトがリンクの数の多さで決まるのなら、異常になると判断されない程度にリンクを貼って、最適サイトだと思わせれば良いし、googleが見つけ出すサイトで徹底的に宣伝すればいい。

結局、無数にサイトがあったとしても、人間がよく行くサイトの数は限られてきて、最終的には、そのサイトでの世論が、世の中の大部分の世論になる可能性があるんだろう。

じゃ、どうすれば良いか?

どうすれば良いのだろう・・・

ただ、一つ言えることは、今までと違って、様々な意見を見られる機会は確実に多くなったこと。

いろんな意見を知って、自分なりの価値観で判断するしかないのかもしれない。

何でもそうだが、知らないほうが楽だったりする。

勉強だって、スポーツだって、知らないときのほうが、気が楽だ。

分からない・できないで終わらせたほうが・・・

でも、すこし分かってくると、もうちょっと良くしようとか、何故できないんだろうとか、悩み不安になる。

ネットの時代になって情報量が莫大になっており、情報量が莫大になるほど、処理することができにくくなり、不安になる。

ネットの時代ってのは、人間の情報処理能力を超えた大変な時代なのかもしれない。

 ※駄文で、すいません。

 

「きっこのブログ」は現在はまだマイナーな位置にいるが、いずれはマスメディアになる可能性があると思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 3日 (土)

三菱電機のDVD,CMだけを再生可能

何気なくデジタルArenaを見ていると

『三菱からCMだけの再生もできるHDD&DVDレコーダー』

の文字が・・・   ふ~ん、 ・ ・ ・ ・ ・CMだけね~

 

   ええええええええ!

  CMだけを再生?? 

 

頭のまわりは、『 ? 』 だらけ・・・

自分なら、ぜってぇー そんな機能 いらねー。

誰が好き好んで、消費者金融や健康食品のCMばかり見るんだよ・・・

と思っていたんだけど、三菱電機の人の説明によると、マーケティング調査結果として、そういったニーズがある程度確実にある、ということらしい。

わからんもんですなー。 

あの短いCMの間でも、リモコンを押してしまう人間にとっては、理解できないけど、そういったニーズもあるんですね。

DVDを買うって人のニーズをマーケティングしてゆくと、「DVDを借りてきて見る」とか「番組を録画する」とかが大部分を占めるはずなんだけど、細かく見てゆくと、「CMを録画する」とかがあったのかもしれない。

欲しい機能にも「CMを飛ばす」が大多数かもしれないけど、「CMだけを見る」もあったのかもしれない。

CMだけを再生するなんて機能は、最近はやりのロングテール理論でいうところの、しっぽの部分にあたるものなんだろうけど、安く簡単に差別化できるから採用したんだろうなー。

ロングテールはネットの世界ばかりではなくて、リアルな世界でも差別化するポイントとして活用できる可能性を秘めてますよね。

FA関連企業のイメージが定着して、株価も好調な三菱電機。

本体はOEMかもしれんけど、どうですか? 

CMだけ見られるDVD、お勧め? ですかぁ??(微妙)  01v_1

 

 

会社の先輩が新しい大容量HD・DVDを買って、録画した番組が25時間ぐらいあるんだぁ と自慢しているのを聞いて、『25時間も、見られる時間取れるんですか?』 なんて質問をしてしまい、雰囲気をぶち壊しにしてしまった 三十路サラリーマン なのでした。  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 2日 (金)

他が上げてもトッキは下がる

『村上ファンド幹部、東京地検に事情聴取』

で、スタートした今日一日。

株価が気になる・気になる。仕事中はハラハラドキドキ。

ライブドアショックみたいに午前は好調、午後から地獄がまた始まるんじゃないかと!

と、思っていたら、株価は騰がってるじゃないですか。

ふ~っ、一安心、 しかも、午後の急激な上げは、かなりエキサイティング。

村上ファンド銘柄は?と思ってみると、かなりのところが下げてる・下げてる。

こりゃ、大変だぁと思っていると、何故だか、村上ファンド銘柄よりも下げてる奴が・・・

そう、それは、

 トッキ ・ ・ ・

-5%やん。 え~~、村上ファンドと繋がってたっけ?? 

いや、そんなことはないはず、外国人も、投信さえもいないのに・・・・

・ ・ ・てことは、よっぽど、個人から見放されちゃいましたね。

結果が伴わないと夢は夢のままで終わってしまうからかも、、、、。

有機ELさえ立ち上がれば、低分子だろうが高分子だろうが、蒸着が得意なトッキの活躍の場はあるんだから、お願い、立ち上がって。

携帯だってテレビだって、薄いってのは、すごく訴求力ありますよ! メーカーさん。(消費者の声)

あっ、そや、堀江 → 村上 ときたら、次は誰だ? 奴か?

  

♪ だから、お願い~♪ とくれば、「テレサ・テン」と答えるのはオヤジ、若い奴らは「HY」、三十路サラリーマンの答えは・・・・「時の流れに身をまかせ」テレサ・テン。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 1日 (木)

サイバー・コミュニケーションズは下がり続けて・・・

サイバー・コミュニケーションズが続落。

どこまで行くんやろ、ほんまに。

大打撃です、大打撃。

長期投資を決め込んでても、株価が下がれば憂鬱です。

上がり続ける株はない!は体験したんだから、次は下がり続ける株はない、の番が来るはずです。

現在、PERで言うと約100倍。

ROEは、2004年5.9%、2005年10.4%、2006年18.7%

売り上げは伸び続けますが、利益の伸びはちょっと鈍りそう。

有利子負債はなし。

売り上げの伸びが前年比60%なんて業種、いまどき珍しい。

前社長は、不明瞭な株価取引で社長やめちゃった。

さぁ、どうする? どうする? どうする?

信用倍率は2倍・・・ 、 どうするどうする?

と、とりあえず、様子見。 資金を捻出せねば。

 

『 最高のあたり馬券は、真面目に働くこと!』 『 おっしゃるとおりでございます 』 おもわずつぶやく 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヨタのリコール

トヨタのリコールが連発してます。

新聞によると原因はコストダウン目的の部品の共通化だとか。

『同じ機能の部品なら、2年後には半額に・・・』

自分もメーカー勤務なので、耳にタコができるほど聞くことです。

これは、部品だけじゃなくて、例えば、車で言えば、エンジンとかシートとかのユニットも、同じものなら2年後は半額が求められます。

なので、設計する人は、なるべく同じ部品を使って、数も少なくしてコストダウンを狙っていくことになるんですよね。

部品メーカーは、製造技術を磨いたり、人件費の安い海外に移動したりして、なんとかコストダウンの要求に応えようとします。

コストダウン以外にも、新しい機能を盛り込めば付加価値が付くので、新技術の開発に力を込めます。

大げさに言うと、コストダウンと新技術の開発、こういった競争は毎日繰り広げられてます。

厳しい競争があるからこそ、日本企業が製造業で成功できているんだとも思います。

でも、ですよ。

例えば、今回のリコールは、電動式パワーステアリングの軸ですよ、軸。

軸みたいに昔からあって、車を構成する基本となる部分のコストダウンは、もう限界に近いんですよ、きっと。

あまりにコストダウンを狙いすぎると、大事故にも繋がる可能性があるわけだから・・・

最近のリコールの連発は、そのあたりに原因があるんじゃないかと!

でも、そのあたりは、さすが世界のトヨタ。

品質こそ大切ってことを言ってますね。

多分、社内では、品質とコストの両立はできるはず!と言ってるとは思いますが・・・

いずれにしても、日本代表のトヨタ!

がんばれ、トヨタ。目指せ、世界一!

「東レの炭素繊維をボディに使ったら、超低燃費の車が実現できそうなんやけど、採用してくれんかなー」 メーカー勤務 三十路サラリーマンの ぼやき でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »