« まだはもうなり、もうはまだなり | トップページ | 日産の不振が深刻 »

2006年6月25日 (日)

メイドカフェの経済学

ちょっと前になるが、出張で東京へ。

無事仕事も終えて、ちょっと遊んでからと思っていろいろ考えた結果

 メイドカフェに行ってみよう!!

ってことに。 今さらながらなんだけどね・・・

行ってみたのが@home cafeというところ。

結構ドキドキ・・・ スーツ姿のサラリーマンが入ってもいいもんかと。

とりあえず、エレベータの扉が開いて、自動ドアを抜けると

 「おかえりなさい、ご主人様」

おぉぉぉぉぉぉぉ! これですか! 

と思った次の瞬間には、料金説明が・・・ 

なんと、90分制で、座るだけで禁煙なら300円、喫煙なら500円とられるのだとか!

ここまで来たら、コーヒーぐらいと思って中へ中へ。

金曜日の昼間ということもあって、今日は空いてるらしい。

客層の半分は観光客っぽい感じで、半分は本気モード!!

こうもキャラの違う人間が一同に揃うなんて、さすが東京!大都会ならでは!

など思いながら、物珍しさにキョロキョロ。

内装・・・ 金かかってねー。 メイドさん、う~ん、自分の価値観とは世界が違いすぎて・・・

とちょっと自分の居場所が見つからないままに、いきなりじゃんけん大会が!!!

しかも、振りつきで! っときたもんだ。

 『@マークでじゃんけんぽん、あいこで萌え』

いやぁ~、どうしたもんかと。 なんやろ・・・すげー恥ずかしい。

結局、一回戦敗戦。  よかったのか、残念だったのか・・・・  。

まー、これ以外は、やることもなく、自分の居場所も作ることができなかったので、退散。

結局、30分ぐらいで1000円ほどのお支払い。

 

それにしても、素晴らしいビジネスモデルですよ。

サービス業は (料理の質)・(サービスの質)・(雰囲気の質)が良くないと勝ち抜けないと言われているのに、サービスの部分で萌えに特化してるんですから。

しかも、90分で回転させるとなれば、これはすごい。

問題は、少ないパイの奪いあいになったときですよね。

何で差別化するのか、それとも、とっとと資金を回収しにいくほうが賢いのか、このあたりが問題になりそうです。

まー、良い経験でした。

 

キャバクラで延長延長で支払う金のほうが大金なのに、自分が盛り上がらないときに払う1000円のほうが、 しまった~ と思ってしまった 三十路サラリーマン なのでした。

|

« まだはもうなり、もうはまだなり | トップページ | 日産の不振が深刻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71015/2378123

この記事へのトラックバック一覧です: メイドカフェの経済学:

« まだはもうなり、もうはまだなり | トップページ | 日産の不振が深刻 »