« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月31日 (月)

バリューコマース上場

バリューコマース上場!!

アフェリエイトプログラムの大手、バリューコマースが上場しましたね。

アフェリエイトっていうのは、ブログやホームページに企業の広告を載せて、その広告経由で売買が成り立ったら手数料がブログやホームページの管理人に支払われるというものです。

今、はやってますよね。

今まではテレビや新聞などの広告の影響が大きかったのですが、少しずつネットの影響力も大きくなってきてます。

いろいろなところから情報が発信され始めてきて、今までとは全く違った世の中になってきてますよ。

さぁ、どうなるか!

考えなければ・・・

 

広告費が増えてます!! ダブルクリックがストップ高!! 予想あたらないかな・・・  三十路サラリーマン でした。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年7月30日 (日)

明日のCCI

明日のCCIの株価が気になります。

個人的には上がるはず。

上がって欲しいが正しいのかもしれないけど・・・

ちょっと嬉しいのは、今の利益水準であれば買ったときの値段までは下がらなさそう。

成長率が鈍ったとはいえ、まだまだ成長中。

がんばれ サイバー・コミュニケーションズ!!!

 

日焼けして服があたっただけでも悲鳴を上げている 三十路サラリーマン は 今年はもう海にいかねーと思っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月28日 (金)

更新できず・・・

更新できず・・・  土曜日からはがんばろう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

ソニー銀行好調

ソニー銀行の利益が伸びてます。

イーバンクやジャパンネットバンク・セブンイレブン銀行などととほぼ同時期に発足したソニー銀行。

他の銀行が次々に黒字になってゆくなか、黒字になるのは一番遅かった気がします。

途中で、ソニー銀行という冠をもった投資信託が打ち切りになったりということもありながらも、赤字から黒字へと見事な返信ですよね。

ネット銀行系の中では、圧倒的に商品が多いのも強みだと思います。

ソニーが大赤字になったときは、身売りすれば良いと言ってた人もいたのですが・・・

こういうのを見事な先行投資っていうんでしょうね。

 

我が持ち株 ニッシン・サイバーコミュニケーションズともに含み益はあるものの、一時の絶頂から見れば・・・ そこはどこ?ってな感じです。

もちろん、インプレスやトッキは含み損でして・・・

他の銘柄をちょっと売っては、補完してるんですが・・・  この先行投資は成功するのでしょうか?

マニアックな分野に特化するインプレス、薄い膜を作る方法に特化しているトッキ、どちらも、自分好みな企業なんですけどね・・・

どうなることやら、ソニー銀行みたいになって欲しいっすよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月26日 (水)

ホンダが増益・日産が減益

ホンダが増益・日産が減益を発表しました。

なんとなく予想できたような気がしますよね。

以前にも書いたように、日産の場合は、リストラのとき、将来への投資も凍結した経緯があります。

ゴーンさんが凍結したわけではなくて、その前の段階から凍結状態だったのかもしれませんが・・・

明らかに、環境関係への投資がすくなかったのかなっていう印象はあります。

とりあえず、今は、完全な引き潮の時期なのかもしれないですよね。

ちょうど谷間にさしかかったのかも・・・

一方、ホンダ!

飛行機にも参入ですか。

このチャレンジ精神がホンダDNAなのかもしれませんね。

どちらも日本を代表する企業!!  がんばれ~!!

 

サイバー・コミュニケーションズの下げが止まりません。ここもちょうど谷間のはず。広告の単価が下がったのなら、リストラしていらない社員は切っちゃいましょう!! と思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月25日 (火)

信用買い残が4週連続減少

信用買い残が4週連続減少しました。

我が持ち株ニッシンも減ってはいますが、まだまだ多いという感じはします。

そのニッシンなんですが、冴えませんね。

グレーゾーン金利の廃止や、リース関係・・・

とにかく、銀行が猛烈に攻勢をかけてきてる気がします。

ニッシンのやろうとしてる分野に、銀行が手を伸ばしてる気がして・・・

といっても、ニッシンには期待してるんですよ。

今のところ、株価は50円代になってしまってます。

まだ、買値よりは高いので、ホールドして、もうちょっと落ち着いたら買い増ししたいと思ってます。

気になるのは、ここまで株価が落ちたら、社員のやる気が下がる可能性があること。

優秀な人材がニッシンを選ばないかもしれないこと。

この2点は非常に気になります。

会社を伸ばすのは、社員の力なんだと思ってるので、株を分割し、今の株価になっているのならば、早急に手を打つべきです。

駄目な社員を雇うことほど無駄はないはずですから・・・

 

いつになったら梅雨が明けるのか? かなり気になる 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年7月24日 (月)

Jリーグのスポンサー

ワールドカップも終わり、Jリーグが再開しました。

サッカー好きの管理人は、結構スポーツニュースを確認してたりします。

今話題の極楽とんぼ加藤の番組や99のやべっちの番組なんかは好きです。

で、今回、気になったのはJ2。

ちょっとしか映らないんだけど、J2チームのスポンサーが面白い。

札幌のスポンサーが「白い恋人」なのは有名なんだけど、山形のユニフォームには「はえぬき」って書いてある。

なかなか地域色が出てて面白い。

逆に言うと、仙台が「アイリスオーヤマ」だったり、湘南が「産能大」だったりして、あの企業や大学って、その場所にあったんや!と驚かされたりもします。

の中で、ちょっと驚いたことが・・・

四国のチームのスポンサーは、「大塚製薬」「三浦工業」「大王製紙」。

上場するんちゃうか?の大塚製薬。

最近は、ゴールデンでCM流せるほど儲かってる三浦工業。

まさに、注目!製紙業界の風雲児 大王製紙。

株をやってる人なら、かなり有名なところが並んでます。

四国の企業も立派ですな!!

 

昔、プリンセステンコーが、スポンサーだったことがあるの知ってます? 三十路サラリーマンの豆知識でした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月23日 (日)

ホンダが鈴鹿にハイブリッド用工場建設

ホンダといえば、鈴鹿サーキット!を思い浮かべる人も多いはずなのですが、実は、ホンダが鈴鹿から撤退するのでは?という噂があったことは事実です。

そういった噂の中、ホンダがハイブリッド用工場を鈴鹿に建設するというニュースが!!

鈴鹿にとっては、非常に良いニュースです。

ハイブリッド用ってことなので、高付加価値があるし悪くないんじゃないでしょうか。

ちょっと気になることと言えば、最近、自動車産業、特に工場は九州に移っていってます。

九州のほうがアジアに近いなどの地理的メリットもあるかもしれないですが、人件費も影響があるのではないでしょうか。

日本の中でもトヨタ擁する愛知県や三重県北部は、人件費が高い地域です。

この地域に行けば、外国人が非常に多いことが分かります。

外国人を多く雇わないと、逆に行けば日本人を正社員で雇っては、成り立たない状態にあるともいえるのかと思います。

今回、ハイブリッド用に特化した工場になったのも、高付加価値をつけて、なんとか人件費を吸収しようとしてるのかな・・・と思わなくもないです。

ハイブリッドなら、産業集積が進んでいる東海・関西地方は有利ですもんね。

といろいろ考えさせられた記事でした。

 

鈴鹿八耐っすよ!! と意気込む 三十路サラリーマン は、もう8年近くバイクに乗ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月22日 (土)

ジェミノイド

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)知能ロボティクス研究所は、人間の持つ「存在感」の本質を理解して工学的に応用することを目的として、遠隔操作機能を有する実在人間型ロボットのプロトタイプ「ジェミノイド(Geminoid)」を開発した

ってことで、開発されたのが、この写真Atr0749。たしかに、教授そっくりです。正直言うと、「 キモイ 」 

動画もあるので、是非、インプレスウォッチを見てください。

ホンダのアシモや、このジェミノイドとかをみてると、本当に人間型ロボットができるんじゃないかと思ってしまいます。

近い将来、介護などの重労働はロボットがやってくれる・・・ いいですね、そんな世の中。

ただ、個人的には、将来、介護などをしてくれるロボットは、人間型ではないと思ってます。

洗濯板でゴシゴシするかわりに洗濯機ができたように、ほうきを使う代わりに掃除機ができたように、介護には介護用の装置ができるのだと思います。

人間型のロボットが、掃除機を使う必要もないですもんね。

なんて、夢のないことを言ってしまいました。

 

梅雨の晴れ間に仕事をしていた 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

恐るべし、新幹線の中の電光掲示板!

今日の飲み会でのこと・・・

株の世界ではお馴染み 『 日東電工 』

株をやってるか、経済に興味があるか、それとも、本当に優秀なビジネスマンでなければ、普通のサラリーマンは、この会社の凄さをあまり知らない・・・

日東電工といえばニッチ産業で超有名な会社で、もちろん、株価も高い!!

そんな会社の名前が、今日の飲み会での話題で登場したから驚いた。

その話題とは・・・  新幹線の中での過ごし方。

東京駅まで2時間近くあるわけで、新聞読んだり、本読んだり、はたまた、音楽を聴いたりっと、みんないろんな方法で時間を有効活用してる。

そんないろんな過ごし方をしてる奴らの一致したこと・・・  それは、電光掲示板をじっと見つめてることがあるってこと。

ニュースとかやってし、次は何駅かわかるからという理由なんだけど、みんな知ってるのが企業広告。

ちょっと気になったんで質問してみると・・・

「たしか・・・ グローバルニッチ産業 日東電工 ってのがあったよな」

「カネカもあったよ」

などと、出てくる出てくる。

あの広告枠は想像以上に影響あるんやなーと思った瞬間・・・ 恐るべし 新幹線の電光掲示板!!

 

『 人気もないのに何故か毎日更新している “株・・・けものみち” 』って 広告を流してみたいと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月20日 (木)

税金

2640円で売った富士機械製造を、昨日2400円代で買いました。

今回は、ちょっと株数を増やしてみました。

反省すべきは、売った株価! もっと高値で売るようにしないと・・・

2800円近いで売っておきたかったところです。

過去のチャートを見ながらなら、なんとでも言えるんですけどね・・・

いざ、そのときになるとうまくいかないものです。

こんな短い期間に同じ銘柄を売買したことがなかったので、結構いい経験になりました。

 

ひとつ思ったことが。

これって、取引するたびに税金はかかるわけですよね。

株式取引が多くなるほど税収も多くなるってわけか。

デイトレとかしてると、国に対してかなりの貢献をすることになるんだ。

株式市場が冷え込まない政策をしてもらわないと困るで。

 

「きっこのブログ」 というのをよく読むんだけど、沖縄の野口さんの事件とか中途半端に終わっちゃってて残念に思う半面・・・  まぁ、これもネットなのか・・・  とも思う 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

太陽光発電

株のほうは冴えません・・・  旦那になったつもりで、会社の将来にかけてみようと思います。

で、次のターゲット探しってことで、太陽光発電を調べてみました。

ちょっと、技術屋らしい内容ですが、お許しを。

太陽光発電のメーカーは、有名なところでは、シャープ・京セラ・三洋などです。

日本企業は他にもありますが、世界シェアは相当高いです。

発電方式にはいろいろあるようですが、多結晶シリコン方式が最も普及しているようです。

製品化するには、発電効率とコストの関係の妥当なところを狙ってくるのわけですので、その結果として多結晶シリコン方式が選ばれたようです。

簡単に言うと、シリコンの量そのものがコストに響くみたいです。

詳しい発電メカニズムは、他のページを参照してもらうとして、最もコストに響く多結晶シリコンを作っているメーカーは、どんなところがあるのかも調べてみました。

多結晶シリコンメーカーは、トクヤマとか新日鉄なんかも作りだし始めてます。

おおお・・・ 重そうなメーカーさんばかりです。

ちなみに、世界的に太陽光発電に注目が集まってきて、多結晶シリコンが品不足 → 高値で取引 されてくるかもしれないらしいです。

原料の珪素(Si)は酸化物としてむちゃくちゃたくさん存在してるので、問題はそれを安く作り出せるメーカーになるんではないでしょうか。

蒸着メーカーのトッキと太陽光発電、やっと結びつきました。

プラズマ処理と蒸着のどちらがシリコンの量を減らせるのかは素人にはわかりませんが、そのあたりを考えてのことなのは間違いないと思います。

シャープ・京セラ・三洋・・・ どれも琵琶湖周辺に研究施設持ってる会社なんで、トッキがそのあたりに営業所を構えたのも何か関係があるのかもしれません。

長くなりました。 株価が冴えないことへの腹いせです、お許しを。

 

ナンピン・ナンピン・・・ トッキの含み損は増えてゆくばかりで と嘆いている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

富士機械製造を売りました

今日も下げてますね・・・

とりあえず、我が持ち株の中から、富士機械製造を半分売りました。

なぜに半分かと言いますと、中期で見れば、まだまだ上げ調子なので、全部売るという決断はできませんでした・・・

業績と財務が良いから・・・  自分の考えが正しかったのかどうかは、後でわかるはずです。

含み益がドンドン減っていくのを見てると、正直つらいですね。

全部売ってすっきりしたくなります。

 

それでも富士機械製造に注目し続ける 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月17日 (月)

光と重力はタダ

スズキ自動車の社長さんの言葉に 「光と重力はタダ」 なので、使えるだけ使おう、というのがあるそうです。

スズキの社内では、光をうまく取り込み、なるべく電気を点けなくてもよくしたり、工場でも、ものを運ぶのに傾斜を利用して運搬する装置があるようです。

すごいですよね。

環境の面を考えても、光や重力といった自然エネルギーを使うものは、これからも注目されるんだと思います。

風や波・太陽光線で発電するシステムなんてのは期待ですようです。

風力発電や波力発電は、風や波がある程度強くないといけないので、場所という面は限られるかもしれないけど、太陽光発電なら、各家の屋根や砂漠なんかに置けば良いんで、想像しただけでワクワクします。

太陽光発電となると、シャープや京セラ、三洋電機などの企業が作ってるのですが、太陽光発電で求められるのは、①発電効率の高さ ②寿命の長さ ③メンテナンスの簡単さ だと思います。

各社とも、それぞれの長所・短所を持っているはずなので、これから勉強して、投資に繋げるぞ。

特に、鍵となる部品や技術というのを作っている会社を見つけ出したいと思ってます。

 

発電効率は悪くても、メンテナンスフリーで寿命が半永久なら、すぐにでも導入するのに・・・ と思っている 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月16日 (日)

バイオエタノール、利点少ない

アメリカの大学の分析によると 「 とうもろこしから作るバイオエタノールは、大豆から作るディーゼル油に比べてエネルギー効率が悪く、環境への負荷も大きい 」 ってことらしい。

代替するのがガソリンと軽油での比較なので、一概に本当かどうかとは言いにくい。

そもそも、ディーゼルのほうがエネルギー効率が高く、ヨーロッパの自動車は、ディーゼル車のほうが多くなってるくらいだし・・・ 

ただし、環境負荷を小さくするという流れは確実なので、環境関連の話題は要チェック。

 

ところで、バイオマスエネルギーだ! といっても、環境負荷やコストの面で、かならずハッピープランなわけじゃないらしい。

というのも、次の世代のエネルギーだということで、もうもろこしやら大豆をの需要が増えた場合、例えば、それらの作物を作るために自然を破壊したり、価格が高騰したりするような事態になるかも・・・  バイオエタノールように遺伝子組み換えされた作物が一気に世界中に広まってしまい、環境に悪影響を与えるかも・・・

ってことで、結局は、コストが高く、環境負荷も大きいってことで普及しないかもってことらしい。

うんうん、なんとなく分からなくはないですよね。

難しい問題だけど、こういった問題を解決できる企業を見つけ出さなければ!!

 

真っ黒な若者を見て、昔は、日焼けしたりしていたなーと過去を振り返る 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

富士機械製造・東レ

富士機械製造と東レ。

この2つの銘柄の売り時かどうかで迷っている。

株を始めて2年強。

いきなりの上げ相場でグングン上がっていって、グングン下がったサイバー・コミュニケーションズやニッシンをもってる。

この2銘柄は、最高値からはかなり下げてしまってる。

ちょっと調子に乗りすぎて、まだまだ上がる上がると思って、売り時を逃がしてしまった。

完全に授業料だと割り切って、ホールドし続ける予定。

でも、この2銘柄から勉強したことをいかさないと・・・ 駄目投資家になってしまう。

富士機械製造と東レ。

天井なのか、どうなのか、判断しなければ!!

 

この連休、ちょっと遠出予定です。 明日は更新難しいかも・・・  三十路サラリーマンのつぶやきでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月14日 (金)

日本銀行(8301)

日本銀行(JASDAQ:8301)。

しってました?我らが福井総裁率いる日本銀行、JASDAQに上場してるんですよ。

東証1部じゃなくて、JASDAQです。

だから、どうしたってことはないですが、日本銀行の株ももちろん上下します。

去年の上げ相場では約3倍にまで急騰してます。

日本銀行の場合は、どういう考え方をして株の売買をしたら良いんでしょうか?

普通の企業なら収益やら将来性やら、その企業固有のもので判断するしかないのだけれど、日本銀行の場合は何が指標になるんでしょうね?

経常収益とか四季報に載ってるから、それを参考にするんでしょうか・・・

それとも、日本経済の動向で判断?

福井総裁の今回の事件での急落は格好の買い場か???

いずれにしろ、日本銀行の株主、なんかかっこいいですね。

 

8800000円で日本銀行の株主か・・・  買い進めることができれば、総裁になれるんやろか?   す、すいません。くだらなくて。 三十路サラリーマン でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月13日 (木)

原油高、なのに、利上げ

アメリカの景気が減速傾向にあるのにもかかわらず、インフレ懸念で利上げをしなければならない。

アメリカの財政収支が、景気が良かったので税収が上がって、当初の予定よりも良かったといっても、赤字は赤字。

貿易赤字も、予想よりは少なかったっていうだけで、赤字は赤字。

う~ん、非常に難しいですよね。

ブッシュ大統領は、減税で景気が良くなったから、税収が増えて、当初の予定よりも財政赤字が減ったと言ってるみたいだけど、これからアメリカの景気が悪くなったら、どうするんだろ?

世界的な原油高の影響でインフレにでもなったとしたら・・・  景気が悪くなるのに、金利あげちゃうんでしょうか?

貿易収支のこと考えて、ドル安にってことになると原油はますます上がっちゃうし。

世界経済の大黒柱のアメリカが、これからどうなるのか想像してるんですけど、全く分かりません。

ただ、わかることは、アメリカが変になると、世界中に影響がでる、しかも、マイナスでってことだけ。

素人投資家の脳みそは、グツグツ煮えたぎってます。

教えてくれる方、是非是非、コメントください。よろしくお願いします。

 

ケツメイシのRYOJIさんが結婚しました。おめでとうございます。三十路サラリーマンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月12日 (水)

民放が持ち株会社になる?

民放の持ち株会社容認。って新聞記事発見。

フジテレビ・日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京をキー局として、実は、日本中にはいろいろなテレビ局があります。

都会に住んでると分からないことですが、田舎に行くとテレビ東京系のテレビ局がないことはよくあります。

自分は田舎もんなんで、「なんでも鑑定団」とか「テレビチャンピオン」とかは、日曜日の昼間に見てました。

今じゃかかせない「ワールドビジネスサテライト」をはじめて見たときは、正直驚きました!! こんな番組、誰がみるんやろ?って。

で、テレビ局なんですが、都会にすんでると、たとえば、フジテレビなら関東一円を放送エリアとしてて、人口も面積も広いんですけど、これが田舎にいくとその県だけが放送エリアになったりします。

なので、視聴者も少ないし、スポンサーも少ないしってな状況なんです。

ということは、基本的に資本は少ない・・・ 投資余力は小さい・・・ というところにきて、今回の地上デジタル放送の開始宣言。

もちろん、小さな放送局でもデジタル用の機材やらなんやらを買い換えないといけない。

でも、お金がない・・・・  ならば、お金に余裕がある関東や関西にあるテレビ局と持ち株会社を作って、資金を得られやすいようにしようってことになったわけです。

これがキー局にとって、重しになるのかならないのか・・・  ネットが普及してくると今までのようにテレビ広告が絶大な影響を与える世の中にはならないと思うんだけど、どうなるでしょうか。

今の体制を維持することに金をかけるよりも、ネット時代に即した体制への移行に金をかけたほうがいいんじゃないかな。

 

田舎に住んでたときには、夏の甲子園が始まると、テレビ局もその県の出場高校だけを特集して郷土愛満開だったんだけど、今じゃ何校も特集があって・・・   田舎のテレビ局、いいな!と感慨にひたってしまった 三十路サラリーマン なのでした。  久しぶりに竹中大臣の話題だったな・・・ うんうん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

サイバー・コミュニケーションズ

将来性を見込んで・・・ 投資したサイバー・コミュニケーションズ。

下がりますねー。

この下げ相場、とことんつきあったる!と思ってるけど、結構複雑な心境。

正直、辛い。

ゼロ金利解除やアメリカのことや、そして、なにより気になるのは北朝鮮。

この問題が落ち着くまでは、って思ってるけど、落ち着くことがあるんやろか??

中国の説得がうまくいくか、それとも、サミット以降にまでもつれ込むか。

それとも、下げ相場にはいったのか?

はたして、どうなるのでしょうか?

 

今日は火曜日、信用残高をチェックしようと思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

デフレ脱却?

出光が再びガソリンの値段を上げます。

いつも、出光まいどカードのお世話になっているので、これは痛い。

とにかく、グングン上がってますよね、ガソリンの価格。

ガソリンの価格が上がるってことは、いろんなものを輸送する必要経費も上がります。

野菜だって果物だってなんでもかんでも、輸送しないものなんてないわけで・・・

ということは、いろんなものの値段が上がる可能性があるってことになって、デフレ脱却ってか???

じゃ、いろんなものの値段が急に上がるかっていうと、そうはならないと思うな。

例えば、マクドナルド。

以前は、1個65円だったハンバーガーを値上げしたとたんに、誰も寄り付かなくなったよね。

なかなか人間ってのは、一度安くなったときを経験したら、同じものを高い値段では買えないもんなのかも。

最近になって、試行錯誤の結果、サラダマックなんていう新しい価値観を出して、客を呼び込むことに成功したわけだしね。

ガソリンとか水とか、他に選べないものは、値上がりしても、みんなしぶしぶついてゆくけど、それ以外のものは、なかなか値上げできねーんじゃないかな。

必要なのは、今までにない 新しい価値観 。

テレビだって薄いって価値観だけで、同じサイズのものでも何倍もお金出しちゃうんだもんね。

とにかく、新しい価値観を出せるところが生き残るんじゃないかな。

 

と評論家のようなことをいったけど、ほんまは、『ガソリンの高騰、どうにかしてくれ』 と声を大にして叫びたい 三十路サラリーマン なのでした。 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 9日 (日)

ミサイル と 日本の技術

北朝鮮のミサイル発射 が賑わう新聞を読んでみると 台湾やインドもミサイルの実験をしているという記事が!

世界中の国々がミサイルを開発・保有してて、その理由は、ミサイルによる抑止力が欲しいからなんだよね。

ミサイルがあれば敵国の中枢を攻撃することができる、簡単に言えば、やり返せますよ、ってこと。

自国に大打撃を受けることが分かっていながら、攻撃することはない=抑止力ってわけだ。

特に今回は、北朝鮮が核開発まで同時に進めているから、なおさら大騒ぎしてる。

といっても、日本はとっくに射程範囲内に入ってるんだから、ずっと前から大問題なんだけど・・・

ところで、今回北朝鮮で開発された新型のミサイルには、日本の技術がたくさん使われているらしい。

実は、自分たち日本人は、技術者だけでなく、農業をやっている人でも、商売をやっている人でも、非常に高度な技術を使った製品を使ってる場合があるんです。

最近では、ヤマハの主に農業用で使われていた無人ヘリの違法輸出がありましたよね。

国内では、農家の人が農薬を撒くための無人ヘリでも、農薬の代わりに化学兵器をつめば、簡単に兵器になっちゃいますもんね。

日本企業の独壇場の炭素繊維は、飛行機の技術にはなくてはならないものだし、測定器や分析器も、非常に精度が高いです。

日本の技術力はそれほど進んでいることになります。すごい。

じゃ、日本はミサイルを造れるのか?ということになると、造ろうと思えば造れるってのが答えになるんだと思います。

なんせ、宇宙にまでロケット飛ばせる技術があるんですから、ミサイルぐらいなら簡単につくれるはずです。いざとなれば、ミサイルに ・ ・ ・ ・ 可能です。

ミサイルとかの軍事力をもったほうが良いかどうかってことは、このブログの趣旨からは外れるので書きませんが、こんな状態になる前にどうにかならなかったんでしょうか。

 

大阪では中小企業の人たち中心に打ち上げようとしている『まいど1号』が、いつ打ちあがるのかを楽しみに待っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年7月 8日 (土)

米国株下落と円高

米国株が下落してます。

いよいよ景気が悪くなってきたのでしょうか・・・

双子の赤字もどうしようもない状態になってきてるんで、円高が進むかもしれないですね。

嫌な予想なので、当らないことを望みますが・・・

0金利解除も近づいてきて、ますます困惑する株式相場、気合いれて乗り切るぞ。

 

うーん、雨の予報をみて外出をキャンセルしたんだけど、晴れてるじゃん・・・・  三十路サラリーマンの嘆きでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 7日 (金)

キーエンスの強さ

キーエンスというと、計測器・測定器をすぐ思い出せる人は、きっと技術屋ですね。

いろんな種類の測定器をそろえてて、代理店をおかず社員自ら売りまくるスタイルは、すごい利益を上げてます。

売上高営業利益率は驚異的です。

自分の職場にも、毎月のようにカラーの製品案内が届く、しかも、抽選で何名かにはプレゼントがもらえる・・・

といっても、この製品案内作っても、プレゼントをあげても、計測機器を一台売り上げれば、一気に利益がでるほどの価格に設定してあるってことなんですよね。

キーエンスにしかない計測器もあるし、しかたなしで買ってるときもあるんですよね。

いやぁ、ニッチを狙ったキーエンスの先見性は、尊敬しちゃいます。

 

新築マンションもびっくりするほど宣伝費使ってるんで、ほんまのところは、中古のほうがお買い得かもと思っている 三十路サラリーマンは、賃貸のほうがいいんじゃねーかなーとも思っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

キレンジャーカレー発売!

Tky200607060238 『 カレー大好き キレンジャー !』

のカレーが永谷園から発売されます。

気になるー。(笑)

ガキのとき、ワクワクしながら見てたゴレンジャー。

なかでも、カレーが大好きで主役からは遠い存在だったのがキレンジャー。

ゴレンジャーごっこでも、黄色に任命されるのはちょっと・・・ってな感じで。

自分の年代の奴らにとって、黄色って色は、どうしても脇役のイメージがついてまわるのは、このときのトラウマに違いない。

でも、ここに来て、ついにキレンジャーが主役になるときがやってきました。

『 キレンジャーカレー 』

どんな味なんやろ。気になるなー。

発売元の「永谷園」。 株価はおどろくほど安定してます。

味一筋 永谷園。  お茶漬けは 永谷園。

長期投資銘柄として、要チェック!!

 

『 カレクックのカレー 』 を発売しても、きん肉マン好きは買うかも・・・と夢を膨らませている三十路サラリーマンは、それなら 『 きん肉マンの牛丼 』 もいけると思ったんだけど、きん肉マン牛丼は「吉野家」だということを思い出したのでした。  

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 5日 (水)

キヤノン デジタル商業印刷市場 参入

テポドンは非常に気になるんですが、経済のほうでも気になることが。

『 キヤノン デジタル商業印刷市場 参入 』

これは、気になります。

何故かと言うと、今のキヤノンの好調を支えているのは、コピー機やプリンターのトナーやインクジェット用インクなどの消耗品の売り上げなんです。

いわゆる、消耗品ビジネスってやつです。

この消耗品ビジネスのおいしい点は、A社のコピー機には、B社のトナーは入らないってとこなんです(正確に言うと、トナーの入った容器の形が違うから入らない)。

なので、A社のコピー機を買った人は、延々とA社のトナーを買い続けることになるんです。

うーん、すばらしい。

 

一方で、新聞やらチラシとかの印刷業界は、コピー機やプリンターのOA機器業界とは、ビジネスモデルが違ってきます。

この業界は、印刷機は印刷機メーカー、インクはインクメーカーがあって、基本的には、どのインクを使っても、印刷機は印刷するようになっています。

簡単にいうと、車とガソリンの関係と同じです。

どの会社のGSのガソリンを使っても、必ず車は走ります。

なので、競争は強烈です。

 

キヤノンがこの市場に新規参入の文字を見たとき、わざわざリスクを犯す必要があるのか?と思ったので、HPを見てみると・・・  分かりました。

さすが、キヤノンです。 この業界へも消耗品ビジネスをそのまま持ち込んでいます。

キヤノンの印刷機は、印刷ではなくて、電子写真(コピー機と同じ)方式なんです。

もちろん、トナーはキヤノンのものを使うことになります。

本体は印刷機を買うよりも格段に安いところに設定し、消耗品で儲ける作戦です。

車で言うと、 すげー安い車だけど、絶対、同じGSでハイオクを給油する みたいな感じでしょうか。

これが、軌道に乗ったら、またまたキヤノンが大きくなりそうですね。

 

キヤノンの技術以上にビジネスモデルのすごさに目が行ってしまう 三十路サラリーマン は、ひっそりといつSEDが市場に出てくるのかと思っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

女性向けコンビニ

最近、女性向きコンビニの話題をよく目にする。

ナチャラルローソンを筆頭に、サークルKサンクスも始めるみたい。

女性向けの美容に良い食品や化粧品とかも充実させるらしい。

まぁ、会社の戦略なら・・・ と思いつつも、なんでもかんでも女性向けってのが増えるのは、男としては、ちょっと寂しい気もする。

男性向けコンビニや男性専用列車があってもキツイんやけど・・・(汗)。

でも、一つ面白い事実が。 それは・・・

映画館は、レディースデイよりメンズデイのほうが収益が良い! ってこと。

理由は、女性のほうがお金に関してしっかりしてるので、飲み物とかは事前に買って来るし、ポップコーンとかも買わないし・・・ とくに、女性同士で来ると、お金を使わないらしい。

一方で、男の場合は、彼女を連れてくることが多いらしく、一人で来たとしてもパンフレット買ったり、ジュースとポップコーンを買い込んだりと出費が多くなる傾向にあるってことみたい。

なんとなくわかるなー。

全般的には、女性のほうがお金にはしっかりしてる気がするよね。

映画を見に行って、パンフレットを買おうとして何度とめられた事か・・・

お金にしっかりしている女性をターゲットにしたコンビニ、果たしてうまくいくのでしょうか?

 

男性向けコンビニというと、どうしてもエロ本とかがたくさんある マイナーなコンビニ屋っぽいところを想像してしまう 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 3日 (月)

icf株、2ヶ月で4割安の記事

『 icf株、2ヶ月で4割安 』 

この記事、かなり長い間日経ネットのトップに載ったままになっている。

もう3日になるんじゃないかな?確かじゃないけど、他の記事が変わってゆく中、ちょっと目立つ存在だ。

アイ・シー・エフ・・・  う~ん、いろいろ噂がある会社ではある。

MSCB乱発してるし、株式分割もやったし、宇宙に飛び立つ予定の榎本大輔さんも最高戦略責任者だったこともあるし。

でも、最近は旬の駐車場も!!

にしても、日経もなかなか酷なことを。

いやいや、注意を呼びかけてるのかな?

営業キャッシュフローが、かなーりマイナスなので、素人投資家の自分には手を出せない銘柄ではあります。

 

本日は、ネット広告銘柄が好調で、一喜一憂してはいけないと思いつつも、ムフフと微笑んでしまう 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年7月 2日 (日)

技術のブレークスルー

楽曲の販売が、CDからデータのダウンロードへ。

フィルムカメラからデジカメへ。

ある技術が発達することによって、既存の技術を打ち破り、新しいかたちに移行する。

そして、既存の技術で成り立っていたビジネスは衰退してしまい、あたらしいビジネスのかたちができあがる。

技術者として、また、株をやっている人間としては、この変わり目を確実の捉えていかないといけない。

とにかく、シンプルになるものが勝ち残る。

たとえば、CD。

CDを買うのが目的ではなくて、音楽を聴くのが目的なのだ。

音楽さえ聴ければ、その過程はどうでもいい。

カメラも同じ、思い出を画像として残したいのが目的であって、フィルムを残すことではない。

そう考えると、もし、瞬間移動の技術なんてものが開発されたら、車や飛行機なんてものは必要なくなるのかもしれない。

人が移動する・物が移動するを目的としている人が大半であって、運転することを楽しみとしている人というのは少数派になってしまうだろう。

ただ、こうやって考えても、衣食住に関わるものだけは、なかなか他の技術ととって変わることはないのではないかと思う。

栄養補給が出来る錠剤が開発されても、暑くても寒くても心地よく、洗濯もしなくても良い服ができたとしても、果たして、人間はそれを選ぶだろうか?

選ぶ人はいると思うが、それが大多数になるとは思えない。

食事は面倒くさい反面、味や見た目や雰囲気を楽しむものだし、服装だって色や形で好みがわかったり、自己表現できるものだ。家だって同じだと思う。

投資するうえで、意外と注目すべきなのは、衣食住に関わる本当の意味でオールドエコノミー産業なのかもしれない。

 

ワールドカップで完全に昼夜が逆転してしまっている 三十路サラリーマン なのでした。 ジダンからアンリへのパスが通るとは! ワールドカップで二人が絡むのは 初めて見た。 まさか、フランスが勝つとは!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 1日 (土)

コニカミノルタの有機EL

Koni 日経に 『 コニカミノルタが有機ELを商品化 』 なる記事が。

どうやら、蛍光灯のかわりになるものらしい。

製造方法やら材料やらの紹介はなかったので、詳しいことはわからないけど、どちらにしても、久しぶりに有機ELにとっては良いニュース。

基本的には化学の会社なので、その利点を活かせた結果なのなら素晴らしい。

フィルムのような感じで有機ELが作れたりするようになったってなら、すげーブレークするーなんだけど。

我が持ち株 『 トッキ 』 にとっても、良いニュースか?

自分としては、ワンセグ関係で有機ELに脚光が!と思ってたんだけど、携帯関係では、まだまだ動きが鈍いような。

ノキアあたりが全機種有機ELにします!って打ち上げてくれないかな。

只今、平均購入金額は、900円ちょっと。

もちろん、打ちあがると信じてるんで、まだまだ買いまっせ。

さぁ、どうなることでしょう。

 

我がブログへのアクセスでは、有機EL+○○ であれば、なんとシャープが一番なんですよ。がんばれ、トッキ。それ以上に、シャープが有機ELってのは、それだけインパクトが強かったんだと驚いている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »