« モスバーガーにて | トップページ | 3日ほど »

2006年12月14日 (木)

サイバー・コミュニケーションズの・・・

サイバー・コミュニケーションズの大株主からソフトバンクが抜けました。

今のところは、野村證券ですが、どこかの機関投資家に売るみたいです。

電通とソフトバンクという両親を持つ名馬・・・  それがサイバー・コミュニケーションズなわけですが、果たしてどうなることですやら!

個人的には、船頭多くして??? というより、いっそ電通に一本化したほうが良いのではないかと思わなくはない訳ですが。

今後、ネット広告では今までのような電通の神通力が通じなくなる可能性はあります。

でも、今の電通には金があるわけです。

ネット広告で有力な企業は買ってしまえば言い訳であって、今の電通にはそれができるはずです。

目ぼしいところには、ドンドン玉を打ち込んでいきましょうよ!

実際、電通はいろいろ出資してて、そのあたりの抜かりはないようにみえますが・・・

みなさん、いかがお考えですか?

 

 電通にことを知りたかったら読むべき本です。

電通の正体―マスコミ最大のタブー Book 電通の正体―マスコミ最大のタブー

著者:『週刊金曜日』取材班
販売元:金曜日
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 

 

あっ、 ダブルクリック上がってる!  ムフフ  三十路サラリーマン 満面の笑みです。

 

 

|

« モスバーガーにて | トップページ | 3日ほど »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/71015/4549711

この記事へのトラックバック一覧です: サイバー・コミュニケーションズの・・・:

« モスバーガーにて | トップページ | 3日ほど »