2006年8月21日 (月)

とろろ昆布が中性脂肪を・・・

フジッコのお豆ちゃんでおなじみ「フジッコ」が、「とろろ昆布」に血中の中性脂肪値を抑える働きがあることを発見しました。

いやぁ~

やりますねー

中性脂肪値・・・ 落としたいですよね。

こういう一般人受けするネタは、しばらくすると

日曜の夜に 「あるある大辞典」 で取り上げられるんじゃないでしょうか!

「 中性脂肪が気になるあなたに・・・ こんな簡単に中性脂肪を抑える方法があったんです 」

で、番組が始まり、伊集院と柴田理恵が調査結果を見て驚き、そして、奥様方は夜中のスーパーへ走る。

なんとなく、こんな光景が思い浮かばれます。

その「フジッコ」

本日 1335円×1000株=1350000円也。

1単元買うので精一杯やな~。

 

フジッコのお豆ちゃんが食べたい と猛烈に思っている 三十路サラリーマン なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年4月13日 (木)

右脳・左脳 2

以前、紹介した右脳で考える・左脳で考えるかの追加情報です。 なんと今回は、ものごとをどちらの脳で受け止めているかがわかります。

では、指を組んでください。 このとき、どちらが上にきていますか?

左指が上の人 ・・・ 直感的にものごとを捉えます。
右指が上の人 ・・・ 理論的にものごとを捉えます。

次に腕を組んでください。

左腕が上の人 ・・・ 直感的にものごとを表現・行動します。
右腕が上の人 ・・・ 理論的にものごとを表現・行動します。

指は、物事をどのように感じて捉えるかの入力系を示し、腕はどのように表現・行動するかの出力系を示すものらしいんです。

まとめると

左指で左腕→直感で受け取って、即行動タイプ。行動しながらイメージするタイプ。
左指で右腕→直感で受け取って、論理的に解析するタイプ。
右指で左腕→論理で受け取って、イメージで伝えるタイプ。
右指で右腕→論理で受け取って、論理的に伝えるタイプ。

となります。 どうですか? どのタイプになってましたか? ちなみに、自分のタイプは、右脳で捉え、右脳で表現する直感型です・・・。 たしかに、仕事でも私生活でも完全に右脳で考えていると思います。 やってみる・何か感じる・じゃ次へ てな感じなんですよね。 

株式投資でいうと・・・  自分の目指しているものとはちょっと違うのが気になります。 指標で判断して、リスクを抑えるようになりたいのに。 たしかに、長期でもっている銘柄を買おうと思ったころは、世の中不況で日経平均5000円とかが新聞を賑わしていたころなんですよねー。 あのころ、買おうと思ったのは、直感以外の何ものでもないかもしれませんね(笑)

Book 右脳を鍛える大人のパズル

著者:本間 正夫
販売元:主婦の友社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

上司の指・腕の組み方をチェック・・・ 左脳・左脳人間でした。 そりゃ、素のままで上司に相談すれば却下されるわなぁ と思っている三十路サラリーマンなのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)