2006年6月11日 (日)

401K の投資信託

昨日のブログで、401Kの話題にふれたので、ちょっと膨らまして・・・

自分の部署の場合に限ってのことかもしれないが、多くの人が運用実績も見ないで毎月一定額の株式投信を買っている。

もちろん、人生という長期的なスパンでの投資ということになるので、日々の株価変動に一喜一憂する必要はないのだが、まったく確認してないというのは問題だと思う。

でも、この問題を逆に考えると、必ず毎月ほぼ一定額が確実に買われているってことになる。

これって、すごくない?

一定額必ず買うってことは、大きなスパンでみれば、確実に上がるってことになるんじゃないかと・・・

もちろん、いろんな人が投資を勉強して、分からずに買っている人たちの数が減って流動性が増せば違う結果になるのだろうけど。

投資信託に投資している総額のうち、401Kで個人が買っている割合に推移がわかる指標とかないかなー。

あれば、その指標が年々増している投資信託を買いたいのに・・・

 

ワールドカップで寝不足になることは間違いない 三十路サラリーマン が期待しているオランダは本日出番。

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2006年6月10日 (土)

401K、どうしてますか?

会社の部署の飲み会での出来事。

メンバーは、理論派の課長 ・ バブル入社・家庭第一の先輩 ・ 超まじめな先輩 ・ のんびりしている先輩 ・ 素朴で一生懸命な後輩 ・ 副業してそうな後輩 ・ そして自分の7人。

自分が働く会社も一応401Kを導入してて、毎月一定額を自分で運用するようになってるんだが、この運用に関して、ちょっと話題の昇ったので、興味津々で聞いていた。

と、この中で、自分の運用実績を知っているのは、自分を含めて2人。

副業してそうな奴と自分だけ。

もちろん、プランの変更とかもしてない(中に、全額預金って人も一人いましたが・・・)。

理由を聞くと、『よく分からないから』が多い。

じゃ、どんなプランなのですか?と聞くと、

『リスクをとって20%は株式投資にしてるよ』 とか 『海外半分・国内半分』 とかいろいろな回答が・・・

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

正直言って、絶句。

なんで、確認しないの? 

課長、仕事では理論的なのに・・・  先輩、娘の将来心配するのもいいけど、自分の将来もちょっとは考えないと・・・

みんな、実績は確認しないと自分の判断が正しかったのかも分からないですよ~!!

と叫びたくなる気持ちを抑えて、ビールをグビっと。

 

みんな、すごい良い人たちなんだけど、ちょっと世間の大きな流れを把握できてないのかもしれない。

資産運用は会社がやるのではなくて自分でやる。

原資は会社が渡すから運用は自分でしてねってことになってるのに・・・

そっか、無関心でいるってことも自己責任か。

 

就職難の時代に入社しリストラされてゆく人たちを見ている 三十路サラリーマン は、会社に依存しない人生を真剣に考えているのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月22日 (月)

郵便局とソニー銀行

郵便局 と ソニー銀行。

この2つが自分が使っている金融機関です。

郵便局のほうは、家から徒歩で2・3分のところにあるんで、ほんまに便利。

土・日も手数料いらないし、夜も遅くまで(多分12時)ATMもやってます。

郵便にいたっては、24時間受付中。

 

ソニー銀行のほうは、ネットでできるから気に入ってます。

大きな金額の振込みとかは、こっちを使ってます。

利息もちょっとだけ高いし(笑)。

なんと、自分はソニー銀行でインド株式投資信託を毎月3万円ずつ積み立ててるんです。

3万円ってたら、自分の収入からすればかなりの額・・・ってか、精一杯。

汗水かいて稼いだ大切な3万円を、何を好んで、信託報酬 □□% 販売手数料 △△% もとられるのに、投資信託を買ってるの? と思われるかもしれませんが・・・

答えは、

 

インドの企業のことはよく知らんけど、インドが大好きだから。

 

なんです。もちろん、インドに期待してて、お金も増えるはずと思ってるんですけどね。

日本の企業なら決算書も読めるけど、さすがにインド企業となるとお手上げ。

ということで投資信託に落ち着いたわけです。

 

この手数料やらなんやらで、ソニー銀行は黒字に・・・。

夢と希望のインド投資信託の手数料やらなんやらでソニー銀行は黒字に・・・。

貢献してるなー、ソニー金融部門に。

インド投信、急落してたけど・・・・ (汗)。

 

以前、旅行でインドを見てきた 三十路サラリーマン の感想は、一言で言えば混沌。でも、エネルギーもすごかった。 世界最大の民主主義国であるけど、カースト制度の影響も残る国。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年4月30日 (日)

実習中です。

ちょっと小腹が減ったので 近くのサークルKへ。

明太子スパゲティをレジに持っていくと、店内に響き渡るほどの掛け声が・・・

『ありがとうございます、こちらの商品を温めますか?』

『はい、お願いします。』

『少々お待ちください。』

いいね、いいね。 やる気が伝わってきます。

社員証を見ると、実習生と書いてある。  あー、なーるほど、まだ始めたばかりなんだ。

初々しいはずです。 そのやる気が、気分を良くさせてくれます。

が、しかーし、事件は起こっちゃうんもんです。

温め終わるまでの間に、ほかの商品を袋に詰め込み、弁当用の袋を用意し終わったそのときです。 実習生君がおもむろに、

『お客様、お箸がよろしいですか?スプーンがよろしいですか?』

 

エーーーっ お箸 か スプーン って・・・

スプーンでどうやって食うねん??  (困惑)

 

きょとんとしていると、実習生君、聞こえなかったのかと思ったか、改めて

『お箸がよろしいですか?スプーンがよろしいですか??』

ファイナルアンサー?(みの風に) ってな勢いです。 しかも、満面の笑みで・・・

3 ・・・ 2 ・・・ 1 ・・・・  タイムリミット。

『お箸でお願いします。』

『かしこまりましたぁ。 お箸ですね。』

・・・ そして、商品を受け取って、店内に響き渡る 『ありがとうございました』 の声を背に、店を跡にしたのでした。

結構、いいネタをもらえたと感謝してます。 ありがとう、実習生君。

 

 

その昔、ホテルでバイトしていたときに、『ライスにしますか?ごはんにしますか?』と言って、お客を困惑させたことを思い出した 三十路サラリーマン なのでした。

 

| | コメント (3) | トラックバック (2)